このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2019年3月 の中の 松山市と富士通(株)が「AI(人工知能)・RPA(業務の自動化)の利活用等による業務効率化に関する連携協力協定」を締結しました のページです。

本文ここから

松山市と富士通(株)が「AI(人工知能)・RPA(業務の自動化)の利活用等による業務効率化に関する連携協力協定」を締結しました

更新日:2019年3月29日

発表内容

目的

 松山市は富士通(株)と連携し、職員の働き方改革を進め、市民サービスを高めるため、AI(人工知能)やRPA(業務の自動化)を活用し、業務を効率化する実証実験などに関し、連携協力協定を締結しました。 
 AI(人工知能)やRPA(業務の自動化)などの先進技術を積極的に業務に取り入れ、職員が行っていた単純な事務作業をコンピューターに代替させ、職員にしかできない高度な政策立案や、さらに市民に寄り添った窓口サービスに、業務をシフトしていきます。

協定名称

AI・RPAの利活用等による業務効率化に関する連携協力協定

協定期間

平成31年(2019年)4月1日から平成31年(2019年)10月31日まで

協定締結日

平成31年3月29日(金曜日)

連携協定内容

1.RPA(業務の自動化)を活用し、業務を改善するため実証実験を行い、導入効果を検証します。
2.職員提案で出されたAI(人工知能)やRPA(業務の自動化)を活用した業務改善アイデアの実証実験や有効性を検証します。
3.富士通(株)が保有するAI(人工知能)を活用したシステムなどを、本市で導入した場合の効果を検証します。
4.専門家が窓口など業務現場に密着し、AI(人工知能)やRPA(業務の自動化)を活用できる点を検証し、業務の改善につなげます。

スケジュール

(1)
【時期】 平成31年4月から9月末
【対象】 軽自動車税、中小企業共済、庶務事務業務など
【内容】 RPA(業務の自動化)を活用し、業務の改善効果が期待できる事務に、実証実験を通して、職員の業務負荷軽減効果を検証します。
(2)
【時期】 平成31年4月以降適宜
【内容】 職員提案の業務改善アイデアの実証実験とAIの導入効果の試算や現場の改善点を見える化します。

お問い合わせ

課名: 電子行政課
所在地: 〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館10階
課長: 花本 昭人
担当執行リーダー: 田中 康
電話:089-948-6424 FAX:089-934-1810
E-mail:syskan@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2019年3月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.