このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2019年2月 の中の 坂の上の雲ミュージアム第13回企画展「これがあしの空じゃ。―『坂の上の雲』にみる俳句―」記念シンポジウムを開催します のページです。

本文ここから

坂の上の雲ミュージアム第13回企画展「これがあしの空じゃ。―『坂の上の雲』にみる俳句―」記念シンポジウムを開催します

更新日:2019年2月22日

発表内容

概要

坂の上の雲ミュージアムでは、第13回企画展テーマ展示「これがあしの空じゃ。―『坂の上の雲』にみる俳句―」記念シンポジウムを平成31年3月30日(土曜日)に開催します。国文学者や俳人の方々を招き、病に苦しみながらも生きることや表現することに楽しみを見いだし、明治という時代を懸命に生きた正岡子規を考えます。(「あし」の文字の上には、「、、」が付きます。)

日時

平成31年3月30日(土曜日) 13時30分〜15時(開場は13時)

場所

坂の上の雲ミュージアム 2階ホール

定員

100名 (当日先着順、無料)

出演者

【パネリスト】
○神奈川大学名誉教授 復本 一郎 氏(専門:近世・近代の俳文学)
○俳人 神野 紗希 氏
○坂の上の雲ミュージアム館長 松本 啓治

【コーディネーター】
○フリーアナウンサー 木藤 たかお 氏

第13回企画展テーマ展示「これがあしの空じゃ。―『坂の上の雲』にみる俳句―」

【日時】 平成31年2月26日(火曜日)〜新元号2年2月13日(木曜日)
【開館時間】 9:00〜18:30 (入館は18:00まで)
【休 館 日】 月曜日 (休日の場合は開館)
【観 覧 料】 一般400円、高齢者(65歳以上)200円、高校生200円、中学生以下無料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

坂の上の雲ミュージアム事務所
〒790-0001 愛媛県松山市一番町三丁目20番地
所長:石丸 耕一
担当執行リーダー:池内 伸二
電話:089-915-2601
E-mail:saka-museum@city.matsuyama,ehime

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2019年2月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.