このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2018年11月 の中の 保育を学ぶ学生が、子規が愛した一嘗三嘆 鯛料理に挑戦します のページです。

本文ここから

保育を学ぶ学生が、子規が愛した一嘗三嘆 鯛料理に挑戦します

更新日:2018年11月22日

発表内容

概要


一嘗三嘆 子規が愛した瀬戸の鯛料理

 若年層を中心に「魚離れ」が進む中、松山市では、魚食普及を広めるため松山東雲女子大学と協力して、保育を学ぶ学生に料理教室を開催します。
 道後温泉 ふなや 和食料理長の久保田 昌司さんを講師に迎え、瀬戸内の鯛を活用して魚のさばき方を学び、水産市場で取り組んでいる「一嘗三嘆 子規が愛した瀬戸の鯛料理」に挑戦します。
 鯛のなます、鯛の洗い、鯛の押し寿司、ヅケ鯛を盛った松山鮓、鯛の潮汁の5品です。

日時

平成30年11月29日(木曜日) 8時50分〜13時00分

場所

松山東雲女子大学 D棟2階 調理実習室 (松山市桑原3丁目2-1)

講師

道後温泉 ふなや 和食料理長 久保田 昌司 他2名

参加者

松山東雲女子大学 人文科学部 心理子ども学科 子ども専攻の学生 55名程度

主催・協力

主催:松山市水産市場運営協議会
協力:松山東雲女子大学、道後温泉ふなや

一嘗三嘆 子規が愛した瀬戸の鯛料理

一嘗三嘆とは子規が友人に宛てた書簡で、故郷松山の鯛料理を「一口食べると何度も感動するほど美味しい」と紹介する際に用いた、子規オリジナルの造語です。水産市場では、この言葉を用い、明治時代によく食べられ、子規が特に好んだと言われる松山鮓などの鯛料理5品を「一嘗三嘆 子規が愛した瀬戸の鯛料理」として平成23年に復活させ、普及活動を行っています。

お問い合わせ

市場管理課
〒791-8060 松山市三津ふ頭1番地2
課長:乘松 洋一郎
担当執行リーダー:菅能 有三
電話:089-951-2311
E-mail:sijou@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2018年11月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.