このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2018年10月 の中の 在宅での医療と介護を考えるシンポジウムを開催します のページです。

本文ここから

在宅での医療と介護を考えるシンポジウムを開催します

更新日:2018年10月5日

発表内容

目的

 市民の皆さんや、医療、介護関係者の皆さんが、在宅での医療や介護に関する理解を深めていただくため、シンポジウムを開催します。
 病気やケガなどで医療と介護の両方が必要な状態になっても、住み慣れた地域で暮らし続けるため、医療、介護関係者が連携して在宅での療養生活を支える様子を、各職種の方々から分かり易く解説していただきます。また、地域包括ケアシステムを築いていくために取り組んでいる在宅医療と介護の連携を紹介します。

日時

平成30年10月13日(土曜日) 14:00〜15:30

場所

松山市総合福祉センター 1階大会議室 (松山市若草町8‐2)
※会場に駐車場はありません。公共交通機関や会場周辺の有料駐車場をご利用ください。

定員

先着200名

内容

14:00 あいさつ
14:05 第1部 講演「連携強化のための相互理解」 松山市介護保険課
14:15 第2部 シンポジウム「このまちで、いつまでも」を支える各職種の取組み
          (シンポジスト)
           松山市医師会 戸梶 泰伸 様、松山市歯科医師会 内海 俊明 様
           松山薬剤師会 宮内 光司 様、愛媛県社会福祉士会 大野 陽子 様
           松山市介護支援専門員協議会 藤村 高弘 様
     あいさつ 松山市介護支援専門員協議会 会長 河邊 忠郎 様

主催者

松山市、松山市介護支援専門員協議会

松山市高齢者いきいきチャレンジ事業

 高齢者にいつまでも健康でいきいきと暮らしていただくため、市や市社会福祉協議会などが主催する特定の事業に参加した場合に、ポイントを付与します。
 1回参加すると1ポイントが貯まります。2ポイント貯まる毎に道後温泉別館 飛鳥乃湯泉の入浴券と交換できます。

松山市高齢者いきいきチャレンジ事業

(http://www.city.matsuyama.ehime.jp/kurashi/fukushi/korei/koureishakazoku/koureisyaikiiki.html)

お問い合わせ

課名 介護保険課
所在地 〒790‐8571 松山市二番町4丁目7番地2 別館2階
課長:渡部 浩典
担当執行リーダー:橋口 徳則
電話:089−948-6840
E-mail:kaigo@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2018年10月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.