このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2018年10月 の中の 「ことばのちから実行委員会のイノベーション」が「戦後愛媛のイノベーション30選」に選定されました のページです。

本文ここから

「ことばのちから実行委員会のイノベーション」が「戦後愛媛のイノベーション30選」に選定されました

更新日:2018年10月16日

発表内容

概要

「ことばのちから実行委員会のイノベーション」が、「一般社団法人 愛媛県発明協会」が主催する「戦後愛媛のイノベーション30選」に選定されました。

選定内容

<選定されたイノベーション>
・「街はことばのミュージアム」の市内路面電車、ロープウェー街などとコラボした取り組み。 俳句甲子園の開催、道後温泉がある松山市の「ことば」を生かしたまちづくり。
<選定理由>
・「ことばのちから」の取り組みを通じて、「ことばを大切にするまち松山」の「まちづくり」と 「魅力発信」につなげている(平成26年度文化庁長官表彰(文化芸術創造都市部門)受彰)。 高校生の俳句甲子園「全国高等学校俳句選手権大会」を開催し、活気ある俳句文化を発信している(平成24年度サントリー地域文化賞受賞)。歴史ある道後温泉を活用し、まちの魅力向上に取り組んでいる。

表彰式

日時:平成30年10月23日(火曜日) 13:00〜15:00
場所:国際ホテル松山 3階 常盤の間 (松山市一番町1-13)

戦後愛媛のイノベーション30選

「戦後愛媛のイノベーション30選」は、愛媛県発明協会の創立80周年記念行事で実施した事業です。
・主催:(一社)愛媛県発明協会
・創設:昭和13年(1938年)

選定・顕彰でのイノベーションの定義

愛媛県の地域・企業などの経済的な活動で、対象は技術に限らず、ビジネスモデルやプロジェクトも含み、新たな価値創造で、社会的に大きな変革をもたらし、愛媛発で経済発展に多く貢献したもの

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。一般社団法人 愛媛県発明協会のホームページ(外部サイト)

(http://www.ehime-hatsumei.or.jp/)

お問い合わせ

課名:文化・ことば課
所在地:〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館5階
課長:大石 和可子
担当執行リーダー:石橋 美幸
電話:089-948-6952
E-mail:bunkakotoba@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2018年10月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.