このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2018年10月 の中の 「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」と「花園町通り」が「2018年度グッドデザイン賞」をダブル受賞しました のページです。

本文ここから

「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」と「花園町通り」が「2018年度グッドデザイン賞」をダブル受賞しました

更新日:2018年10月1日

発表内容

内容

 平成29年度、松山市に新たなシンボルが2つ誕生しました。1つは、道後の新たな温泉施設「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」で、2つは、歩いて暮らせるまち松山の新たなシンボルロードとして生まれ変わった「花園町通り」です。
 松山市が整備した2つの公共施設のデザインやアイデアが評価され、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2018年度グッドデザイン賞」をダブル受賞しました。

2018年度 グッドデザイン賞受賞名称

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉
花園町通り


道後温泉別館 飛鳥乃湯泉


花園町通り

事業概要

 平成29年12月に、道後に市営では33年ぶりの公衆浴場「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」がグランドオープンしました。外観は飛鳥時代の建築様式を取り入れた湯屋をイメージ。正面入り口の銘板の書は法隆寺の大野玄妙管長に揮毫いただきました。館内は、太古の道後をテーマに、30人の愛媛の伝統工芸士と匠の皆さんが道後温泉にまつわる伝説や物語などを使い、「愛媛の伝統工芸」と「最先端のアート」をコラボレーションした作品で演出し、「温泉の癒し」と「感性の刺激」を楽しめます。
 平成29年9月には、堀之内と松山市駅を結び、市内で最も広い道路幅の花園町通りが、無電柱化や道路空間の再配分で「歩いて暮らせるまち松山」の新たなシンボルロードとして生まれ変わりました。完成後の歩行者は約2倍に増えました。

受賞祝賀会

日時:平成30年10月31日(水曜日) 13:30〜17:00 
場所:グランドハイアット東京 (東京都港区六本木6−10−13)

受賞展

日時:平成30年10月31日(水曜日)〜平成30年11月4日(日曜日) 
場所:東京ミッドタウン (東京都港区赤坂9−7−1)

グッドデザイン賞受賞歴

2013年度 ことばのちから「街はことばのミュージアム」
2014年度 アートプロジェクト「道後オンセナート2014」
2016年度 アーバンデザインセンター「松山アーバンデザインセンター」

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。公益財団法人日本デザイン振興会のホームページ(外部サイト)

  (www.g-mark.org)

お問い合わせ

「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」
道後温泉事務所
所在地 〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町5番6号
課長 好光 慎吾
担当執行リーダー 山下 勝義
電話:089-921-0101
E-mail:dogojimu@city.matsuyama.ehime.jp

「花園町通り」
課名 道路建設課
所在地 〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館6階
課長 坪内 洋
担当執行リーダー 遠藤 敬二郎
電話 089-948-6476
E-Mail dourokensetu@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2018年10月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.