このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2018年9月 の中の 松山初 大容量泡放射システムの設置と放水訓練を開催します のページです。

本文ここから

松山初 大容量泡放射システムの設置と放水訓練を開催します

更新日:2018年9月21日

発表内容

目的


大容量泡放射システム

 大規模な石油タンクの全面火災に備え、大容量泡放射システムを設置し、放水する訓練を松山市で初めて開催します。
 大容量泡放射システムは、全国12地区の広域共同防災組織等に配備されています。
 松山地区は瀬戸内地区広域共同防災協議会に属し、香川県のコスモ石油株式会社坂出物流基地で搬送しています。
 大容量泡放射システムは直径34m以上の浮屋根式屋外タンク貯蔵所に配備が義務付けられ、普通消防車のおよそ100台分の放水量を有する国内最大級の消火システムです。最大放水量は1分間に38,000L、最大射程距離は130mです。

日時

平成30年9月27日(木曜日) 9:30〜12:15 ※小雨決行、荒天時は中止。
※9:10から報道機関の皆さまへ事前説明を行います。

場所

コスモ松山石油株式会社松山工場 (松山市大可賀三丁目580番地)

次第

 9:10 報道機関への事前説明  (場所:コスモ松山石油株式会社松山工場の西門)
 9:30 訓練開始
 9:50 大容量泡放射システム到着、設置開始
11:00 大容量泡放射システム設置完了 資機材見学
11:20 システム運転開始
12:05 訓練終了、修了式

訓練内容

【訓練想定】 平成30年9月27日(木曜日)9:30頃、南海トラフを震源にする地震が発生。地震の規模はマグニチュード8.4、松山市は震度6弱を計測。この地震で、コスモ松山石油場内の♯1タンク(5万KL)で全面火災が発生。大容量泡放射システムを設置し消火活動を実施。
【参加機関】 瀬戸内地区広域共同防災協議会、松山市消防局、松山市西消防署、松山市消防団、松山地区共同防災協議会
【主   催】 コスモ松山石油株式会社松山工場

お問い合わせ

予防課
〒790-0811  松山市本町6丁目6番地1
課長:西岡 克仁
担当執行リーダー:久藤 裕之
電話:089−926-9217
E-mail:sbyobou@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2018年9月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.