このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2018年7月 の中の 平成30年7月豪雨に伴う市営住宅の一時入居と生活支援を開始しています のページです。

本文ここから

平成30年7月豪雨に伴う市営住宅の一時入居と生活支援を開始しています

更新日:2018年7月13日

発表内容

内容

 平成30年7月豪雨で住居が全壊や半壊などの被害を受けた方に、一時的に市営住宅を住居として提供しています。また、市営住宅に一時入居した市民には、日常生活に必要なエアコンやテレビなど8品目の物資を無償で貸与する生活支援も行います。

対象者

【一時入居】 平成30年7月豪雨の被災者で、(1)〜(3)に該当する方
 (1)住居が全壊、大規模半壊、半壊、床上浸水した場合
 (2)土砂崩れなどで道路などが寸断され、当分の間、住居に帰宅できない場合
 (3)土砂崩れなどで住居のある地域が立ち入り禁止区域になっている場合
【物資貸与】 松山市に住所があり、市営住宅に一時入居した方

対象団地

市営太山寺団地[3DK、4DK] (松山市太山寺町2384番地) ほか

受付窓口

(1)受付期間
 平成30年7月11日(水曜日)から
(2)受付時間と場所
●【平日】
 (時間) 午前8時30分から午後5時まで
 (場所) 市役所本館7階 住宅課 電話:089-948-6498
●【7月14日(土曜日)、15日(日曜日)、16日(月曜日)、21日(土曜日)、22日(日曜日)】
 (時間) 午前8時30分から午後5時まで
 (場所) 松山市営住宅管理センター(松山市三番町四丁目9番地9) 電話:089-993-5010

申請時に必要な書類

 (1)行政財産使用許可申請書(受付にあります)
 (2)罹災証明書 (松山市危機管理課で罹災状況が確認できる場合は省略できます)
 (3)本人確認と被災地の住所がわかるもの (運転免許証、住民票など)
 (4)印鑑 (申請書などに自署できる場合は必要ありません)

許可条件

 【使用可能期間】 6カ月以内 ※最大1年まで延長できます。
 【使用料】 家賃と敷金は免除

貸与する物資

エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、ガスコンロ、照明器具、布団

お問い合わせ

【市営住宅一時入居】
 課名 住宅課
 〒790‐8571 愛媛県松山市二番町4丁目7番地2
 課長:西村 秀典
 担当執行リーダー:川崎 俊彦
 電話:089‐948‐6500
 E-mail:juutaku@city.matsuyama.ehime.jp

【生活支援】
 課名 危機管理課
 課長:川崎 正彦
 担当執行リーダー:辻田 幸生
 電話:089‐948‐6793
 E-mail:ST-HONBU@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2018年7月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.