このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2018年7月 の中の 「食育の現場から考える意見交換会in松山市〜ノロウイルス食中毒を題材として〜」を開催します のページです。

本文ここから

「食育の現場から考える意見交換会in松山市〜ノロウイルス食中毒を題材として〜」を開催します

更新日:2018年7月19日

発表内容

目的

 松山市では、地域での食品の安全性に関するリスクコミュニケーションを積極的に進めるため、意見交換会などで消費者や事業者などさまざまな関係者の立場や意見を理解するよう取り組んでいます。
 内閣府食品安全委員会と共催で、松山市内の学校栄養教諭など(栄養士)を対象に、ノロウイルス食中毒を題材としたグループワークと意見交換会を開催します。食品の安全性を適切に理解し、子どもたちへのリスク教育の重要性を相互にさらに理解するためのリスクコミュニケーションを実施します。

日時

 平成30年7月31日(火曜日) 13:00〜16:30

場所

 松山市保健所 4F 教育研修室 (松山市萱町6丁目30-5)

次第

 13:00 あいさつ
 13:10 話題提供(食品の安全性の基本的考え方およびノロウイルス食中毒について)
      「食品安全の基礎とノロウイルス食中毒について」
        食品安全委員会事務局 リスクコミュニケーション専門官 結城あけみ
      「学校給食で発生したノロウイルス食中毒事例と松山市の取組について」
        松山市保健所生活衛生課 副主幹 宮崎貞守
 14:15 グループワーク
      (1) 学校給食でノロウイルス食中毒を防止するために調理場現場で特に気を付けていること
      (2) ノロウイルス食中毒を防止するための学校に対する情報提供のポイント
 15:15 グループ発表
 15:45 意見交換会

参加者

 松山市内の学校栄養教諭など33名(栄養教諭、学校栄養職員、学校給食調理場栄養士ほか)

主催者

 松山市、内閣府食品安全委員会

お問い合わせ

課名:生活衛生課
所在地:〒790-0813 松山市萱町6丁目30-5 松山市保健所1階
課長:木村 新
担当執行リーダー:宮崎 貞守
電話:089-911-1808
E-mail:hceisei@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2018年7月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.