このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2018年5月 の中の 映画「ソローキンの見た桜」出演者がロシア兵墓地を訪問します のページです。

本文ここから

映画「ソローキンの見た桜」出演者がロシア兵墓地を訪問します

更新日:2018年5月30日

発表内容

目的

日露戦争中に松山市に設置されたロシア兵捕虜収容所を舞台に、日本女性とロシア軍少尉の愛を描いた映画「ソローキンの見た桜」のソローキン役ロデオン・ガルチェンコさんとボイスマン大佐役アレクサンドル・ドモガロフさんほか出演者が、松山市内での撮影に先立ち、ロシア兵墓地を訪問します。

日時

平成30年6月4日(月曜日)午後2時から(約20分)

場所

ロシア兵墓地(松山市御幸一丁目531番地2)

参加者と人数

出演者:ロデオン・ガルチェンコ(ソローキン役)、アレクサンドル・ドモガロフ(ボイスマン大佐役)、グレゴリー・バリノフ、アンドレイ・デメンティ、イワン・グロモフ 計5名

当日の予定

ロシア兵墓地訪問後、道後温泉、松山城を見学する予定です。

ロシア兵墓地


ロシア兵墓地

松山には日露戦争が始まった1904年(明治37年)に全国で初めて捕虜収容所が置かれ、述べ6000人ものロシア兵が収容されていました。当時の松山の人たちは、彼らを手厚く看護し、また交流も重ねていました。戦後、ほとんどのロシア兵は故郷に戻りましたが、懸命の看護のかいなく、松山で亡くなったワシリー・ボイスマン大佐以下97名が、ロシア兵墓地には埋葬されています。

お問い合わせ

坂の上の雲まちづくりチーム
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館8階
課長:金森 和久
担当執行リーダー:石川 純
電話:089-948-6996
E-mail:sakanoue@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2018年5月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.