このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2018年3月 の中の 第2回「まつやま市民映画」の制作説明会を実施します のページです。

本文ここから

第2回「まつやま市民映画」の制作説明会を実施します

更新日:2018年3月28日

発表内容

目的

 まつやま市民シンポジウムは、市民の皆さんにまちづくりについて考えていただくきっかけ作りのため、松山青年会議所と松山市が毎年共同で開催し、今年で35回の節目を迎えます。
 平成30年度は、記念事業として監督候補、出演者、スタッフを市民公募し、「まつやま市民映画」を制作します。テーマは「道後」で道後温泉本館と道後地区を中心にまつやま特有の魅力を発信します。
 また、市民の皆さんが、松山市を舞台に地域のたからを取り入れた映画を作り上げる中で、地域の魅力を再発見していただき、まちづくりに参加する機運を高めます。
 制作は、前回と同じく「純愛媛産」の映画制作を精力的に行っている「ヒメブタの会」の森監督を総合プロデューサーに迎え、今秋の市民シンポジウムで公開します。

制作説明会日時

平成30年4月2日(月曜日) 午前11時〜午前11時30分

場所

松山市役所 本館5階 本部会議室

参加者と人数

愛媛を舞台にした自主映画の会(ヒメブタの会) 代表 森 幸一郎、松山青年会議所 理事長 近藤 譲治、まつやま市民シンポジウム実行委員長 多賀 一晃 ほか 10名程度

内容

1.あいさつ 松山青年会議所 理事長 近藤 譲治
2.概要と監督候補・出演者・スタッフの募集案内 実行委員長 多賀 一晃
3.制作説明 総合プロデューサー 森 幸一郎

ことばのおくりもの

 第33回まつやま市民シンポジウムの関連事業で初めて制作した市民映画「ことばのおくりもの」は、80名の市民が参加し、シンポジウム当日は約850名が観覧しました。
 半年に及ぶ制作期間を通じて、市民の皆さんと松山のまちを舞台に映画をつくりあげ、「松山のまちを考えるきっかけになった」と好評で、そのほか公立小学校や中学校で上映されるなど、さまざまな機会で活用されました。
【第33回まつやま市民シンポジウム】 平成28年11月6日(日曜日)

主催者

松山市、公益社団法人松山青年会議所

お問い合わせ

企画戦略課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館5階
課長:石原 英明
担当執行リーダー:矢野 幸平
電話:089-948-6213
E-mail:kikaku@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2018年3月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.