このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2018年3月 の中の 第58回ロシア兵墓地慰霊祭を実施します のページです。

本文ここから

第58回ロシア兵墓地慰霊祭を実施します

更新日:2018年3月14日

発表内容

目的

 松山には日露戦争が始まった1904年(明治37年)に全国で初めて捕虜収容所が置かれ、述べ6000人ものロシア兵が収容されていました。当時の松山の人たちは、彼らを手厚く看護し、また交流も重ねていました。戦後、ほとんどのロシア兵は故郷に戻りましたが、懸命の看護のかいなく、松山で亡くなったワシリー・ボイスマン大佐以下97名が、ロシア兵墓地には埋葬されています。
 昭和36年から実施しているロシア兵墓地慰霊祭には、毎月清掃活動をしている勝山中学校の生徒たちや在大阪ロシア連邦総領事館の方を来賓として招いています。

日時

平成30年3月23日(金曜日) 午前11時から(約1時間)

場所

ロシア兵墓地 (松山市御幸一丁目531番地2)

参加者と人数

在大阪ロシア連邦総領事館、勝山中学校生徒会、ロシア兵墓地保存会、日露親善協会愛媛支部、松山商工会議所女性会、株式会社ジョイ・アートほか 約50名 

内容

1.開会の辞
2.追悼の言葉
3.勝山中学校生徒の言葉 勝山中学校生徒会長 大野 竣平 (おおの しゅんぺい)
4.代表献花
5.献花(一般)
6.お礼の言葉 在大阪ロシア連邦総領事館 総領事 リャーボフ・オレーグ
7.閉会の辞


ボイスマン大佐の墓と胸像


兵士のお墓は故郷を望むように北側を向いている

お問い合わせ

生活衛生課
〒790-0813 愛媛県松山市萱町六丁目30番地5 松山市保健所1階
課長:淺田 弘
担当執行リーダー:山本 慎也
電話:089-911-1863
E-mail:hceisei@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2018年3月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.