このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2018年1月 の中の フリーペーパー『暖暖松山(だんだんまつやま』第13号を発行します のページです。

本文ここから

フリーペーパー『暖暖松山(だんだんまつやま』第13号を発行します

更新日:2018年1月29日

発表内容

内容

松山市の都市イメージや全国的な知名度を高めるため、都市部のオフィスや家庭などに配布するフリーペーパー『暖暖松山』第13号を発行します。
2012年1月の創刊号発行依頼、"海・島”、"食"、"ことば"、"暮らし"など、本市ならではの特集が毎回好評を得ています。
今号では、昨年9月26日に誕生した「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(どうごおんせんべっかん あすかのゆ)」や、プレ開催中の「道後オンセナート2018」を中心に、"道後で繰り広げられる伝統とモダンのコラボレーション"と題して、道後の魅力を特集しました。
古代ロマンに思いを馳せて作られた「飛鳥乃湯泉」のコンセプトのほか、匠の技で作成された館内の作品群や個室休憩室、外観や内部の装飾にちりばめられた飛鳥時代のエッセンスを紹介するほか、「道後オンセナート2018」のアート作品を掲載しています。
また、昨年11月15日に「いい、加減。まつやま」応援団特別団員に任命された、松山市出身で、タレントとして活躍中のラブリさんが道後を散策する様子を紹介するほか、表紙にも起用しました。

暖暖松山vol13表紙
松山市出身のタレントのラブリさん。道後温泉別館 飛鳥乃湯泉2階大広間休憩室の絵図の前で。

発行日

平成30年2月1日(木曜日)

配布エリア

首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)、関西圏(大阪府、兵庫県)

配布方法

都営地下鉄の駅ラックに設置するほか、首都圏や関西圏のオフィスや家庭に配布します。

印刷部数

80,000部

規格

AB版 20ページ(表紙と裏表紙含む)、全ページカラー4色

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。松山市シティプロモーションサイト『いい、加減。まつやま』

(http://www.dandanmatsuyama.com/)
※平成30年2月1日(木曜日)正午から公開

お問い合わせ

シティプロモーション推進課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館5階
課長:加藤 和正
担当執行リーダー:千海 克啓
電話:089-948-6707
E-mail:city-promo@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2018年1月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.