このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2017年9月 の中の 道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)の報道関係者への内覧会を開催します のページです。

本文ここから

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)の報道関係者への内覧会を開催します

更新日:2017年9月15日

発表内容

目的

日本最古の温泉といわれる道後温泉に、市営では33年ぶりに「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」が平成29年9月26日(火曜日)にオープンします。新たな温泉施設の外観は、西暦596年の聖徳太子の来浴伝説などが残る飛鳥時代をイメージした湯屋で、館内は、愛媛の伝統工芸を活用した装飾品で演出するなど、新たな温泉文化を発信する拠点を目指します。
オープンを前に報道関係者の皆さんへの内覧会を開催します。

日時

●平成29年9月22日(金曜日) 9:00〜12:00 ※館内を説明し、ご案内した後、自由に内覧・撮影いただけます。
   9:00〜 内覧者:報道機関幹部の皆さま、市政記者クラブ加盟社
  10:00〜 内覧者:報道各社 
●平成29年9月23日(土曜日) ※自由内覧です。
   9:00〜11:00  内覧者:他自治体・地元企業関係者など
  13:30〜16:00  内覧者:地元関係者、報道機関

開催場所

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉 (松山市道後湯之町19ー22)

報道機関の皆さまへのお願い

●当日は1階入り口で受付をお願いします。
●混雑なくスムーズにご案内するため、平成29年9月21日(木曜日)正午までに取材予定をお知らせください。
●2階大広間では、お茶とお茶菓子のおせったいがあります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

道後温泉事務所 活性化担当
〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町5番6号
課長:金森 和久
担当執行リーダー:山下 勝義
電話:089-921-0101
E-mail:dogojimu@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2017年9月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.