このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2017年5月 の中の 銀天街まちなか空間活用実験を行います のページです。

本文ここから

銀天街まちなか空間活用実験を行います

更新日:2017年5月17日

発表内容

目的

大街道商店街の実験の様子
大街道商店街の実験の様子

 街なかに居心地のいい空間をつくることは、街を訪れるきっかけづくりや満足度を高め、滞在時間が長くなるなど、賑わい面でさまざまな効果が期待されます。
 松山市では、以前から街なか空間を活用した滞留空間づくりを検討していて、平成27年には大街道商店街で実証実験を行いました。この実験後、大街道商店街では平成28年から民間で、誰でも自由に利用できる座り場が常設されています。
 今年は、銀天街商店街でも滞留空間づくりを実験的に実施することになりました。1カ月間滞留空間を設置し、街なかの賑わい創出にどのような効果があるのか、常設化のためにはどのような手法が有効かを検証します。

期間

平成29年5月20日(土曜日)〜平成29年6月18日(日曜日)

場所・時間

◎銀天街商店街内きらりん(松山市湊町四丁目7-15)付近 11時〜18時
◎PLUS TOKAGEYA(松山市湊町四丁目8-8)付近 10時〜20時 
※店舗の営業時間に準ずる

位置図
位置図

ロゴデザイン
ロゴデザイン

ベンチやテーブル、植物のプランターなどを設置し、誰でも自由に利用できる滞留空間をつくります。
この滞留空間は、市民参加型ワークショップで発案された「icotoco(イコトコ)」という名称に決定しました。

イメージ図1
イメージ図1

イメージ図2
イメージ図2

実施主体

銀天街まちなか空間活用実験実行委員会

報道機関の皆さまへ

平成29年5月20日(土曜日)は11時〜14時の間、「きらりん」で職員が取材対応します。(当日連絡先 きらりん 089-945-6600)その他平日は、都市デザイン課へご連絡ください。

銀天街まちなか空間活用実験

(https://www.city.matsuyama.ehime.jp/shisei/machizukuri/toshikeikaku/Urbandesign/170520_placemaking.html)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

都市デザイン課
〒790-8571 松山市二番町4丁目7番地2 本館7階
課長:坪内 洋
担当執行リーダー:兵藤 一馬
電話:089-948-6466
E-mail:design@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2017年5月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.