このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2017年3月 の中の 子規・漱石生誕150年ポスターとステッカーが完成しました のページです。

本文ここから

子規・漱石生誕150年ポスターとステッカーが完成しました

更新日:2017年3月15日

発表内容

目的

 平成29年は松山ゆかりの文学者、正岡子規と夏目漱石の生誕150年です。二人の友情や功績を広く紹介し、記念の年の機運を盛り上げるため、2月に完成したのぼりに加えて、ポスターとステッカーを制作しました。
 このポスターやステッカーは、市の内外での松山市観光PRや市有施設などで掲示や配布するほか、現在募集中の「子規・漱石を未来へつなごうプロジェクト」に参加いただいた企業や団体に提供します。

内容

ポスター

●ポスター
ロゴマークを中心に、子規と漱石の下記作品を用いたデザインです。
A1サイズ(縦841mm×横594mm)、B2サイズ(縦728mm×横515mm)の2種類
・中央:シンボルマークと記念事業コンセプト
・右端:愚陀佛は主人の名なり冬籠
 明治28年に漱石が作った俳句です。「愚陀佛」は漱石の俳号です。
 漱石の下宿は「愚陀佛庵」と呼ばれ、ここで漱石は子規や柳原極堂らと俳句作りに熱中しました。
・左端:桔梗活けてしばらく仮の書斎哉
 明治28年に子規が作った俳句です。「仮の書斎」とは「愚陀佛庵」のことです。
 この年の夏に帰省した子規は漱石の下宿に転がり込み、52日間の共同生活を送りました。
・下部:代表的な子規・漱石生誕150年記念事業
  
  
●ステッカー
ロゴマークを中心に、下部には松山市ホームページを検索していただけるよう検索キーワードをデザインしました。
サイズは、俳句(5・7・5)にちなんだ縦7cm×横5cm

お問い合わせ

観光・国際交流課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館8階
課長:織田 祐吾
担当執行リーダー:松下 智恵
電話:089-948-6558
E-mail:kanko@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2017年3月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.