このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2016年12月 の中の 松山市が2年連続「住みたい田舎ベストランキング」で四国ブロック1位に選ばれました のページです。

本文ここから

松山市が2年連続「住みたい田舎ベストランキング」で四国ブロック1位に選ばれました

更新日:2016年12月27日

発表内容

内容

株式会社宝島社が発行する『田舎暮らしの本2月号』(平成28年12月29日発売)で掲載される第5回「住みたい田舎ベストランキング」で松山市が前回に引き続き、四国ブロック第1位に選ばれました。
世代別でも、若者世代部門及び子育て世代部門で各1位、シニア部門で2位となっています。

松山の全景の画像

松山市のランキング

●四国ブロック  第1位
   四国ブロック若者   第1位
   四国ブロック子育て 第1位
   四国ブロックシニア  第2位
●総合      第14位/500市町村中

発表日(発売日)

平成28年12月29日(木曜日)

住みたい田舎ランキングについて

 全国の市町村に、株式会社宝島社編集部で独自に設定した「移住するうえで魅力的な田舎」のアンケートを実施しました。項目は「移住者歓迎度」「定住促進の広報活動」「移住者支援制度の充実度」「自然の豊かさ」などです。

松山市の移住促進の取り組みについて

 松山市は、市役所および東京事務所に移住相談窓口を設置し、平成28年10月には、18の民間団体と連携した移住支援チームを発足したほか、各種移住フェアへの出展、移住体感ツアーの開催などの移住者支援制度の充実や動画・WEBサイトでの広報活動に積極的に取り組んでいることも選ばれた要因と考えています。
 また、こうした移住相談体制の充実を図った結果、平成28年12月現在で、移住相談件数は440件となっており、すでに昨年度の約3倍となっています。
 今後も、1月15日(日曜日)に東京、2月18日(土曜日)に大阪での移住フェアへの出展や、1月28日(土曜日)29日(日曜日)の婚活ツアー開催を通じて、本市の暮らしやすさや魅力を積極的に発信してさらなる移住促進に取り組んでいきます。

お問い合わせ

シティプロモーション推進課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館5階
課長:加藤 和正
担当執行リーダー:相原 宏淳
電話:089-948-6707
E-mail:city-promo@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2016年12月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.