このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2016年12月 の中の 「まちづくり協議会×地域おこし協力隊」(仮称)五明の里生活博物館構想づくりに向けた取組みを開始します のページです。

本文ここから

「まちづくり協議会×地域おこし協力隊」(仮称)五明の里生活博物館構想づくりに向けた取組みを開始します

更新日:2016年12月22日

発表内容

目的

人口減少が進む五明地区の活性化に向け、地区住民と一緒に再発見した様々な地域資源を作品として地区全体を「博物館」に見たてたマップをつくるほか、地区内の交流人口を増やすための事業を検討するなど、地域の魅力を広く発信する取組みを開始します。
この取組みは、地域おこし協力隊の提案で開始するもので、五明地区まちづくり協議会の自主事業として実施します。

日時

地域おこし協力隊

平成29年1月17日(火曜日) 19:00〜

五明地区まちづくり協議会役員会

場所

五明地区まちづくり協議会事務所(五明支所建物内)  松山市菅沢町乙120−2

主催者

五明地区まちづくり協議会

参加者と人数

五明地区まちづくり協議会役員、地域おこし協力隊等  約10名

内容

・博物館構想づくりのスケジュールについて
・「五明のいいところ」の情報収集について

その他

1月17日(火曜日)の役員会後から、地域住民との意見交換やインタビューなどにより「五明のいいところ」の情報収集を行い、博物館構想づくりを進めていきます。五明地区まちづくり協議会では、この企画に強い思いを持って取り組んでいますので、ぜひ博物館構想ができあがるまで密着をお願いします。

協力隊プロフィール

橋本 英一(福岡市出身) 平成28年8月1日から松山市地域おこし協力隊(五明地区担当)に就任
これまでにセミナー講師やブライダル関連の仕事に携わり、その経験を生かした企画提案を行うなど、地域を巻きこんだ活性化事業に取り組んでいます。

お問い合わせ

課名 市民参画まちづくり課
所在地 松山市二番町四丁目7番地2
課長:高田 稔
担当執行リーダー:大舘 隆史
電話:089-948-6963
E-mail:siminseikatu@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2016年12月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.