このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2016年6月 の中の 「松山まちなか空間再生トークライブ」を開催します のページです。

本文ここから

「松山まちなか空間再生トークライブ」を開催します

更新日:2016年6月29日

開催概要

目的

 松山市では、まちなかの青空駐車場を広場にした「みんなのひろば」や大街道に椅子やテーブルを置いてリビングのような空間にした「まちなか空間活用実験」など、まちなか空間の魅力を高めるための実証実験を行っています。
 まちなか空間の魅力を高めるには、公と民が連携して取り組む必要があります。全国で活躍される専門家をお招きし、魅力的なパブリックに向けて公と民とにできることを考えます。

日時

平成28年7月5日(火曜日)19:00〜21:00(18:30受付開始)

場所

いよてつ会館 3階 ロビンルーム(松山市大街道三丁目1-1)

定員

100名 

内容

(1)松山市の取り組みの紹介
 ●羽鳥 剛史 氏
  (愛媛大学社会共創学部 准教授、都市再生協議会公民一体型空間形成検討専門部会 部会長) 

(2)先進的な取り組みの紹介
  ●大島 芳彦 氏
  (建築家、株式会社ブルースタジオ専務取締役、クリエイティブディレクター、一般社団法人リノベーション住宅推進協議会 理事 副会長)
 ●西村 浩 氏
 (建築家、デザイナー、クリエイティブディレクター、株式会社ワークヴィジョンズ代表取締役、株式会社リノベリング取締役、マチノシゴトバCOTOCO215代表)
  ●渡 和由 氏
 (筑波大学芸術系環境デザイン領域 准教授)

(3)フリーディスカッション
  「魅力的なパブリック創出によるまちの再生」
 松山市のまちなか再生に何が必要なのか、フリーディスカッションを通して考えます。
  モデレーター  羽鳥 剛史 氏
  パネリスト     大島 芳彦 氏/西村 浩 氏/渡 和由 氏

申込方法

メールまたはFAXで、参加者の氏名、所属、電話番号をご連絡ください。 
 ※メールで申し込む場合は、タイトルに「トークライブ希望」と明記してください。

申込先

都市デザイン課
 FAX:089-934-1807
 E-mail:design@city.matsuyama.ehime.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

都市デザイン課
松山市二番町四丁目7番地2
課長:坪内 洋
担当執行リーダー:遠藤 敬二郎
電話:089-948-6466
E-mail:design@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2016年6月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.