このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2015年7月 の中の 第61回特別企画展「河東碧梧桐―子規門の革命児―」を開催します のページです。

本文ここから

第61回特別企画展「河東碧梧桐―子規門の革命児―」を開催します

更新日:2015年7月23日

発表内容

内容

 河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)は、最も古い子規の門人です。彼は子規派俳句の展開で重要な役割を果たしました。子規没後、碧梧桐は従来の俳句の型にとらわれない新傾向俳句を創出します。これらの運動は碧梧桐と交わった各地の俳人により、大きな広がりをみせます。
 碧梧桐は全国行脚の模様を綴った紀行「三千里」を新聞「日本」などに発表するほか、旅行家として欧州や東アジアにも足を伸ばし、各地の文物や美術品についての考察、レポートを行いました。また碧梧桐は書家としても優れ、中村不折(なかむらふせつ)らと古い碑文の文字の研究を行い、同時代の文人の書体に大きな影響を与えています。
 今回の特別企画展では、近年当館に寄贈されたものをはじめ碧梧桐の資料を公開し、彼が影響を与えた各地の俳人に新たな光をあて、また、碧梧桐の革新的活動を紹介します。

会期

平成27年8月1日(土曜日)から8月31日(月曜日)まで
開館時間 午前9時から午後6時まで(展示室入場は午後5時30分まで)
休館日 8月4日・18日・25日(いずれも火曜日)

会場

松山市立子規記念博物館 3階特別展示室

観覧料

個人400円 団体320円 65歳以上200円 小中高校生 無料

関連企画

【記念講演】
 演題 碧梧桐俳句の変遷―その理論と作品―
 講師 栗田やすし氏(河東碧梧桐研究家・俳人)
 日時 8月16日(日曜日)午後2時〜午後3時30分
 場所 松山市立子規記念博物館 1階視聴覚室
 ※入場無料 定員約100名

【学芸員によるギャラリートーク】
 日時 8月2日(日曜日)・8月15日(土曜日)・8月29日(土曜日) ※いずれも午前10時30分から50分程度
 場所 松山市立子規記念博物館 3階特別展示室
 ※入場無料 ただし特別企画展の観覧券が必要

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子規記念博物館
〒790-0857 松山市道後公園1-30
課長:若江 俊二
担当執行リーダー:池内 伸二
電話:089-931-5566
E-mail:sikihaku@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2015年7月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.