このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2015年5月 の中の 俳句甲子園を題材にした小説『春や春』の作者森谷明子さんが松山市長を表敬します のページです。

本文ここから

俳句甲子園を題材にした小説『春や春』の作者森谷明子さんが松山市長を表敬します

更新日:2015年5月15日

発表内容

内容

俳句甲子園を題材にした小説『春や春』の全国発売に伴い、作者の森谷明子さんが、俳句甲子園の舞台である松山市を訪れ、松山市長を表敬訪問します。

日時

平成27年5月22日(金曜日)10時00分〜10時10分

場所

松山市役所本館3階 市長応接室

対応者

松山市長 野志 克仁

森谷明子(もりやあきこ)さんのプロフィール

1961年、神奈川県生まれ。東京都在住。早稲田大学第一文学部卒業。図書館司書を経て、2003年、紫式部を探偵役にした王朝ミステリ『千年の黙(しじま) 異本源氏物語』で第13回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。卓越した人物描写とストーリーテリングで高い評価を受ける。図書館をめぐる日常の謎など「本」の世界を舞台にした著書が多い。 

小説『春や春』


表紙

・内容
「6人の女子高生が挑む、17文字のバトル。目指せ、俳句甲子園!」

須崎茜は俳句好きの女の子。俳句の趣味を理解してくれる初めての友人ができたことをきっかけに、「俳句甲子園」を目指し、俳句同好会設立を決意する。出場に必要な人数は5人だが……。少女たちの友情と成長がまばゆい、圧倒的青春小説!!

・単行本(四六判ソフトカバー)
・出版社:光文社 (小説宝石連載作品)
・発売日:平成27年5月20日
・定 価:(本体1,600円+税)

お問い合わせ

課名:文化・ことば課
所在地:〒790-8571 愛媛県松山市二番町4丁目7−2 本館5階
課長:前神 千草
担当執行リーダー:向山 昭彦
電話:089-948-6952
E-mail:bunkakotoba@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2015年5月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.