このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 施設案内 の中の 文化施設 の中の 松山市立子規記念博物館 の中の お知らせ の中の 平成31年新春特別展「ほとゝぎすは余の生命なり―雑誌『ほとゝぎす』、松山から全国へ―」を開催します のページです。

本文ここから

平成31年新春特別展「ほとゝぎすは余の生命なり―雑誌『ほとゝぎす』、松山から全国へ―」を開催します

更新日:2018年12月13日

平成31年新春特別展「ほとゝぎすは余の生命なり―雑誌『ほとゝぎす』、松山から全国へ―」について

内容

 明治20年代後半、子規は俳句革新運動を展開し、子規派の俳句は俳壇の新しい潮流として注目されていました。子規の親友で俳人だった柳原極堂は、この革新運動を支援したいという想いを強く抱き、全国初の子規派の雑誌として『ほとゝぎす』を創刊します。編集・経営を極堂が一手に担い、掲載された俳句や文章は子規を中心とする子規派の人びとが手がけました。
 創刊後、次第に読者を全国に広げ、明治31年には、編集・経営が子規の門人・高浜虚子に引き継がれ、東京を発行所として出版されることとなります。東遷後は和歌・新体詩や文学・美術の批評なども掲載される雑誌となり、子規派の文学活動の重要な拠点としてその役割を果たしていきました。
 今回の特別展では、子規と極堂の固い友情によりここ「松山」の地で”雑誌『ほとゝぎす』”が誕生したいきさつや、”東遷”して全国誌となった『ほとゝぎす』が子規や子規周辺の人びとの文学活動の拠点として果たした役割の大きさを物語る資料を紹介し、子規が情熱を注ぎ、生命をかけた雑誌『ほとゝぎす』の軌跡に迫ります。

会期・会場・観覧料

◆会期
平成30年12月22日(土曜日)から平成31年1月31日(木曜日)まで
【開館時間】
午前9時から午後5時まで(展示室入場は午後4時30分まで)
【休館日】
平成30年12月25日、平成31年1月8日、15日、22日、29日(いずれも火曜日)
◆会場
松山市立子規記念博物館 3階特別展示室
◆観覧料
個人200円、団体160円、65歳以上100円、小中高校生 無料
(常設展とセットで特別展の観覧料を購入する場合、特別展の観覧料は2割引。子規博友の会会員が特別展の観覧券を購入する場合、特別展の観覧料は2割引)

学芸員によるギャラリートーク

◆日時
平成30年12月29日(土曜日)、平成31年1月13日(日曜日)、1月26日(土曜日)
※ともに午前10時30分から50分程度
◆会場
3階特別展示室
※聴講には特別展の観覧券が必要

子規筆原稿「ほとゝぎす発行処を東京へ遷す事」
子規原稿「ほとゝぎす発行処を東京へ遷す事」

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子規記念博物館
〒790-0857 愛媛県松山市道後公園1-30
電話:089-931-5566
E-mail:sikihaku@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.