このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 施設案内 の中の 文化施設 の中の 松山市立子規記念博物館 の中の お知らせ の中の 令和2年新春特別展「虚子、松山から雄飛する」を開催します のページです。

本文ここから

令和2年新春特別展「虚子、松山から雄飛する」を開催します

更新日:2019年12月9日

内容

主旨

 近代俳句の発展に大きな功績をのこした高浜虚子(1874〜1959)は、松山が生んだ偉人の一人です。令和元年は、虚子の没後60年の節目の年です。
 虚子は、生涯の友・河東碧梧桐と伊予尋常中学校(松山中学校)で出会い、その交流などをとおして文学の道を志すようになります。この時、虚子が師事した人物があこがれの存在だった同郷の先輩・正岡子規でした。17才で子規との交流を始めた虚子は、東京の子規と頻繁に文通し、また子規が松山に帰省した時には句会などをともにしました。子規に大いに感化され、文学熱を高めていった虚子は、20才の時に上京し、以後、本格的に文学活動をスタートさせます。
 子規門の俳人として活躍した虚子は、子規から後継者と目され、雑誌「ホトトギス」の運営・編集にもあたり、子規とともに文学活動に邁進します。子規の死後、しばらく俳壇から遠ざかった時期もありましたが、39才の時に俳壇へ復帰し、以後、「ホトトギス」を拠点として句作に励み、子規と同じく若い才能を多く見出だし、後進の育成に力を注ぎました。
 長く文学者として活躍した虚子ですが、その心にはいつもふるさと松山への想いがありました。虚子は折に触れ松山に帰省し、また、松山を題材とした作品を数多くのこしています。
 今回の特別展では、子規に導かれ松山で文学の道を歩み始めた虚子の初期文学作品や子規・碧梧桐との交流を物語る資料、また虚子がふるさと松山を題材とした俳句・書作品などの関連資料を展示し、ここ松山から雄飛した虚子の文学活動の軌跡に迫ります。

高浜虚子・河東碧梧桐ほか集合写真
高浜虚子・河東碧梧桐ほか集合写真(明治27年)

会期

令和元年12月21日(土曜日)〜令和2年1月31日(金曜日)
開館時間 午前9時〜午後5時(展示室入場は午後4時30分まで)
休館日   令和元年12月24日、令和2年1月7日、14日、21日、28日

会場

松山市立子規記念博物館 3階特別展示室

観覧料

個人200円、団体160円、65歳以上100円、小中高校生 無料
※常設展とセットで特別展の観覧券を購入する場合、特別展の観覧料は2割引です。
※子規博友の会会員が特別展の観覧券を購入する場合、特別展の観覧料は2割引です。

学芸員によるギャラリートーク・関連講座

【ギャラリートーク】
日時:令和元年12月28日(土曜日)、令和2年1月11日(土曜日)
※ともに午前10時30分より50分程度
会場:3階特別展示室
※聴講には特別展の観覧券が必要です。

【関連講座】
演題:子規の虚子への指導―子規と虚子の往復書簡から―
日時:令和2年1月18日(土曜日)
    午前10時30分から11時30分まで
会場:1階視聴覚室 ※聴講無料

お問い合わせ

子規記念博物館
〒790-0857 愛媛県松山市道後公園1-30
電話:089-931-5566
E-mail:sikihaku@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.