このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 手続 の中の 税金 の中の 個人市県民税 の中の 令和2年度(令和元年分) 市・県民税の申告 のページです。

本文ここから

令和2年度(令和元年分) 市・県民税の申告

更新日:2020年4月23日

 令和2年度市・県民税の申告は、令和2年1月1日現在、市内に住んでいた人、市内に住んでいないが市内に事務所、事業所または家屋敷がある人が対象です。
 申告が必要と思われる人には、支所区域は1月下旬に、本庁区域は2月下旬に申告書を発送していますので申告もしくはご連絡ください。令和2年度は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、令和2年4月17日(金曜日)以降も市・県民税の申告書を受け付けています。
 なお、市役所から申告書を送付していない人でも、申告が必要な場合があります。(国保・年金課や高齢福祉課に提出する申告書は国民健康保険料や後期高齢者医療保険料を算出するための「簡易申告書」であり「市・県民税申告」をした事にはなりません。)
申告の際には本人および扶養親族などの個人番号(マイナンバー)の記載が必要になります。
※来庁者の集中緩和等を図るため、市・県民税の申告にあたっては、郵送での提出にご協力くださいますようお願いします。

令和2年度 個人市民税の申告期限の延長についてはこちら
確定申告についてはこちら

申告が必要な人

 令和2年1月1日現在、松山市に居住していて、次に該当する人は申告の必要があります。ただし、確定申告書を提出される人は除きます。

1. 事業(営業等・農業)、不動産、配当、一時などの所得がある人

2. 給与所得者で、次に該当する人

  • 勤務先から給与支払報告書が提出されない人
  • 昨年中に退職した人
  • 給与所得以外の所得があった人
  • 社会保険料控除・扶養控除・医療費控除等を受ける人

3. 公的年金等の受給者で、次に該当する人
 公的年金収入が400万円以下でそれ以外の所得が20万円以下の場合は、確定申告が不要ですが、次に該当する場合は、市・県民税申告が必要です。
 ただし、所得税の還付を受けるためには確定申告書の提出が必要です。また、外国で支払われた公的年金等を受給している方は、平成27年分から確定申告が必要になりました。

  • 公的年金収入以外に個人年金等の雑所得など、他の所得があった人
  • 公的年金等の源泉徴収票に未記載の社会保険料控除・扶養控除・医療費控除・生命保険料控除・地震保険料控除等を受ける人

4. その他
 前年中に収入がなくても、次に該当する人は申告が必要な場合があります。

  • 国民健康保険や後期高齢者医療保険、介護保険に加入している人
  • 児童手当の認定を受ける人
  • 所得金額の記載がある非課税証明書の発行が必要な人  など

 以下の「申告チェックリスト」で市・県民税の申告が必要かどうかご確認ください。

市民税・県民税申告書を郵送する場合

 市民税・県民税申告書に住所・氏名・フリガナ・個人番号・生年月日・電話番号・必要事項(所得や控除など)の記入漏れがないこと、領収証や控除証明書の添付を確認し、押印のうえ郵送してください。
 郵送申告分については、記載された内容についての確認や、本人確認書類のコピー等の提出依頼を電話連絡させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

提出先
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2
松山市役所 理財部 市民税課

申告に必要なもの

  1. 市民税・県民税申告書
  2. 印鑑
  3. 個人番号確認書類・身元確認書類(詳しくは下記の別紙「市民税・県民税申告書の手引き」を参照してください。)
  4. 事業所得者は、所得計算に必要な帳簿・領収書など
  5. 給与・年金所得者は、原則として源泉徴収票
  6. その他の所得者は、所得金額を証明できるもの
  7. 国民健康保険料・介護保険料・後期高齢者医療保険料・国民年金保険料などの領収書
  8. 生命保険料・簡易保険料・地震保険料・長期損害保険料(平成18年末までに契約したもの)・共済掛金などの控除証明書
  9. 医療費控除を受ける人は、医療費の明細書又は医療保険者等の医療費通知書(原本)など(セルフメディケーション税制の適用を選択する場合は、明細書と一定の取組みを行ったことを明らかにする書類)※平成30年度分から令和2年度分までは、従来の医療費控除の領収書の添付または提示によることもできます。                      
  10. 障害者控除を受ける人は、障害・精神・療育手帳または本市等が発行する「障害者控除対象者認定書」など
  11. 配偶者特別控除を受ける人は、配偶者の所得金額がわかるもの

 なお、7から9の領収書などは、平成31年1月1日から令和元年12月31日までに支払ったものに限ります。

申告に関するQ&A

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市民税課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館2階
電話:個人担当089‐948‐6291〜6298 総括担当089-948-6290
E-mail:shminzei@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.