このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 暮らし の中の 食品衛生 の中の 監視計画・リスクコミュニケーション の中の 細菌性食中毒注意報を発令しました(平成30年7月20日まで) のページです。

本文ここから

細菌性食中毒注意報を発令しました(平成30年7月20日まで)

更新日:2018年7月11日

 愛媛県下で高温多湿の気象条件が続き、細菌性食中毒の発生が予想されることから、7月11日に松山市及び愛媛県は「食中毒注意報発令要領」に基づき細菌性食中毒注意報(本年度1回目)を発令しました。

注意報の発令期間

 平成30年7月11日(水曜日)〜7月20日(金曜日)

予防のポイント

清潔(細菌をつけない)

  • 調理前、食事前、用便後には、手をよく洗いましょう。
  • 台所は、整理整頓し、常に清潔にしましょう。
  • まな板、ふきん等は、十分に洗浄消毒を行いましょう。
  • ハエ、ゴキブリ等の衛生害虫は、定期的に駆除しましょう。
  • 魚介類等は、真水で十分洗い、専用まな板で調理しましょう。

迅速・低温保存(細菌を増やさない)

  • 調理は手際よくしましょう。
  • 調理した食品は、早く食べましょう。
  • 食品を、長時間室温放置しないようにしましょう。
  • 生鮮食品や調理後の食品は、10℃以下で保存しましょう。刺身等は4℃以下で保存しましょう。
  • 冷凍保存は、−15℃以下で保存しましょう。
  • 冷蔵庫は詰め込み過ぎないようにしましょう。(7割程度)

加熱(細菌をやっつける)

  • 加熱して食べる食品は、中心部まで十分火を通しましょう。

参考

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

生活衛生課 食品衛生担当
〒790-0813 愛媛県松山市萱町六丁目30-5 松山市保健所1階
電話:089-911-1808 FAX:089-923-6627
E-mail:hceisei@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

監視計画・リスクコミュニケーション

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.