このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 暮らし の中の 生活環境 の中の 環境学習と温暖化対策 の中の エコドライブ講習会(エコトレーニング松山) のページです。

本文ここから

エコドライブ講習会(エコトレーニング松山)

更新日:2015年6月24日

エコドライブ

平成27年度 エコドライブ講習会(エコトレーニング)が行われました

事業内容

身近な温暖化対策の一環として、自動車から排出される温室効果ガスの抑制する手法と技術(エコドライブ)を学ぶ講習会

日時

平成27年6月20日(土曜日) 13:00から16:30まで(受付12:30から開始)

場所

愛媛県運転免許センター(松山市勝岡町)

参加者

合計7名(男性4名、女性3名)

実施の成果

エコドライブ講習によって、平均燃費が講習前に比べて約16%(参加者全員の平均値)向上し、燃費改善が見られました。
(燃費が一番改善された方は、約24%向上していました。)

講習会の様子

エコドライブ講義
エコドライブ講義

実技演習
実技演習

電気自動車体験走行
電気自動車体験走行

実技後ディスカッション
実技後ディスカッション

ここがポイント!エコドライブ

エコドライブの第一歩は、正しい運転姿勢から

  • 正しい運転姿勢をとるには、「シート前後位置と足」が、特に重要なポイントになります。
  • 深く腰掛けてお尻をシートに密着させ、ブレーキペダルをいっぱいまで踏み込んだときに膝の関節に軽く余裕が残るぐらいに、シートの前後位置を調整しましょう。
  • エコドライブでは、微妙なアクセルワークがポイントとなるため、かかとがアクセルペダルの近くにくるようにしましょう。
  • 窮屈にならないよう、多少ゆとりを持ってシート位置を調整し、普段の運転姿勢と大幅に変わらないように注意しましょう。

発進は一呼吸おいて、それからアクセルを徐々に踏み込みましょう


アクセルは徐々に

  • 市街地では走行中に消費する燃料の約4割は発進時に使われています。
  • 発進時は、ブレーキから足を離したら、一呼吸おくつもりでゆっくりアクセルに足を乗せます。完全停止からの発進が一番燃料を使いますので、アクセルは徐々に踏み込み、なめらかに加速しましょう。ある程度速度が出たら、周囲の流れに乗って走行しても大丈夫です。
  • 目標とする速度に近づいたらアクセルの踏み込みを緩めて、ムダに加速することがないように注意しましょう。
  • 発進時は2、3台先に止まっている車の動きや、交差する道路の信号の変化に注意して、出遅れないようタイミングを計りましょう。

先の状況をよく見て、アクセル一定で走行


先の状況を早めにキャッチ!

  • 加減速の繰り返しは燃料消費を増加させます。
  • できるだけアクセルの踏み加減を一定に保つ走行をこころがけましょう。
  • 先の信号や先行車の挙動、駐車車両や工事箇所の有無など、先の状況をよく見て早めに対処することで、無駄な加減速を抑え、アクセル一定の走行をすることができます。

停止位置を予測して、早めにアクセルOFF


エンジンブレーキを活用しよう!

  • 先の交通状況を見て停止する位置が分かったら、適当な位置でアクセルから足を離し、エンジンブレーキで減速します。停止位置が近づいたらフットブレーキでしっかり停止します。
  • アクセルから足を離すことで燃料カットが作動し、燃料の消費を大幅に抑えることができます。
  • 停止位置より手前で失速し、再度加速することがないよう、自分の車のエンジンブレーキの利き具合を把握しておきましょう。

人を待つ間などは、アイドリングストップ


エンジンを切りましょう!

  • 停止しても燃料は消費されています。ある程度の時間停止が分かっているときや、発進のタイミングが分かりやすい場所ではアイドリングストップをしましょう。

エアコンの温度設定はこまめに調整


外気を利用しよう!

  • エアコンの使用は多くの燃料を消費します。特に市街地での走行はエアコン使用の影響が大きくなります。
  • 夏場は必要以上に車内を冷やさないように、こまめに設定温度を調節しましょう。
  • 設定温度が外気と同じであっても、スイッチがONになっていると燃料を使いますので、気候の良い時期には可能であれば窓を開けて外気を入れるなどしましょう。

不要な荷物は積まずに走行

  • 加速時にかかる抵抗が大きくなったり、ドライバーの加速感覚が異なるためにアクセルを強く踏み込みがちであったりと、車が重くなるほど燃料消費が多くなります。
  • ゴルフバックやキャンプ用品のようなレジャーに使った荷物などは、必要な時以外は車から降ろすように心がけましょう。

空気抵抗を減らそう

  • 空気抵抗が増加すると、燃料消費量が多くなります。使わないキャリアやルーフボックスなどは外しましょう。
  • 高速走行はより多くの空気抵抗を受けます。窓を開けての走行も空気抵抗を大きくする原因となりますから、高速走行では窓を閉めて外気導入にするなど工夫をしましょう。

タイヤの空気圧をこまめにチェック


こまめにチェック!

  • タイヤの空気圧が不足すると、より多くの燃料を消費します。適正な空気圧で走行するようにしましょう。
  • タイヤの空気は時間がたつと自然に抜けていきます。見た目では分かりにくいので、定期的にチェックする習慣をつけましょう。

暖機運転は適切に

  • エンジンを暖める間のアイドリングにも燃料を消費します。現在の車では長時間の暖機は必要ありませんので、エンジンをかけたまま停車する時間をなるべく短くするように心がけましょう。

事前に計画を立てる


どこに行こうかな♪

  • 道に迷うことで余計な走行距離が伸びるだけでなく、焦りが安全な走行の妨げにもなります。
  • 旅行速度が落ちれば燃費は悪化します。渋滞を避けましょう。
  • 通勤時間など全域的に渋滞が発生する時間を避けて出発しましょう。

交通手段の選択

  • 近距離で荷物が少ない場合はなどは自転車、徒歩で出かけましょう。
  • 公共交通が便利な場所では積極的に活用しましょう。

不要な外出は控える

お問い合わせ

環境モデル都市推進課
〒790-8571 松山市二番町四丁目7-2 別館3階
電話:089-948-6437
E-mail:kankyou-m@city.matasuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

環境学習と温暖化対策

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.