このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

駐輪場の附置義務制度

更新日:2017年3月31日

附置義務

松山市では「指定区域」において、百貨店、銀行、映画館、事務所、集合住宅など、自転車及び原動機付自転車(以下「自転車等」)の大量の駐輪需要を生じさせる一定規模以上の施設を新築又は増築する場合、施設の設置者は、その敷地又は周辺に、条例で定められた基準に従い算定した収容台数以上の自転車等駐車場を設置しなければなりません。

対象となる建築物の地域及び施設の用途

一定規模以上の施設を新築又は増築する場合は、附置義務の対象となります。

条例の適用区域(指定区域)
商業地域、近隣商業地域 都市計画法第8条第1項第1号に規定する地域
自転車等放置禁止区域 大街道・銀天街周辺、JR松山駅周辺

施設が、指定区域と区域外の境界にある場合は、指定区域内に存する部分のみ附置義務の対象になります。

対象施設
施設の用途 施設面積等(※)
百貨店、マーケット、飲食店、美容院、洋服店など 400平方メートル以上
銀行、郵便局、図書館、ボウリング場、スポーツ施設、病院及び診療所など 500平方メートル以上
遊技場、映画館、ぱちんこ屋、カラオケボックス、寄宿舎、下宿、塾、専修学校及び各種学校など 300平方メートル以上
事務所及び官公署 1,400平方メートル以上
集合住宅 20戸以上

※1施設面積の算定対象は、「専ら施設の利用者等に供する部分」です。

必要台数の求め方

施設の用途に応じて、設置しなければならない自転車等駐車場の規模は変わります。

必要台数の算出

施設の用途

自転車等駐車場の規模

百貨店、マーケット、飲食店、美容院、洋服店など

施設面積20平方メートル毎に1台

銀行、郵便局、図書館、ボウリング場、スポーツ施設、病院及び診療所など

施設面積25平方メートル毎に1台

遊技場、映画館、ぱちんこ屋、カラオケボックス、寄宿舎、下宿、塾、専修学校及び各種学校など

施設面積15平方メートル毎に1台

事務所及び官公署

施設面積70平方メートル毎に1台

集合住宅

1戸毎に1台

施設面積が5,000平方メートルを超える施設を新築又は増築する場合は、施設面積が5,000平方メートルを超える部分の自転車等駐車場の規模は、算定した自転車等駐車場の規模に2分の1を乗じて得た規模とします。

原動機付自転車の収容台数

自転車等駐車場に収容すべき自転車等の台数のうち原動機付自転車の台数を3割以上確保しなければなりません。

  • 算出例(1,200平方メートルの診療所を新築する場合

  1,200÷25=48台(総収容台数)
  48×0.3=14.4... ∴15台(原動機付自転車)
  48-15=33台(自転車)

自転車等駐車場の規模

自転車等駐車場の1台あたりの規模
駐車形態 自転車 原動機付自転車
平置き 幅0.6メートル以上、奥行1.9メートル以上 幅0.8メートル以上、奥行1.9メートル以上
ラック等 1基 1基

自転車等駐車場の位置等の表示

施設の利用者が利用しやすいように、自転車等駐車場の位置などを表示しなければなりません。

自転車等駐車場の位置等の表示
表示板の設置場所 表示内容
自転車等駐車場内

自転車等駐車場の設置者又は管理者の連絡先、供用時間、自転車等の駐車方法、その他必要事項

当該施設利用者の見やすい場所 自転車等駐車場の位置、施設からの経路、その他必要事項

※施設と自転車等駐車場が隣接していない場合その他市長が必要と認める場合

自転車等駐車場の隔地設置

施設の立地や構造により、施設の敷地内に自転車等駐車場を設置できない場合は、敷地からの歩行距離がおおむね250メートル以内の場所に設置することができます。
また、自転車等駐車場を自己所有地に設置できない場合は、既存の民間駐輪場と定期契約した上で、自転車等駐車場として利用することができます。(契約書の写し等が必要になります。)

自転車等駐車場設置の努力義務

施設の規模が小さいなど附置義務の対象とならない施設の設置者であっても、自転車等の駐車需要を生じさせる施設を設置する場合は、施設の利用者等のために自転車等駐車場を設置するよう努めなければなりません。

条例による届出等の流れ

  1. 附置する自転車等駐車施設に関する事前相談
  2. 民間自転車等駐車場の設置(変更)に関する書類の提出(各3部ご準備ください。)
    ・民間自転車等駐車場(設置・変更)届出書(規則様式第14号)
    ・民間自転車等駐車場調書(規則様式第15号)
    ・その他規則に定めるもの
  3. 届出書等の受付通知書の交付(2通)
    ・民間自転車等駐車場届出書受付通知書(任意様式)
  4. 建築確認申請
    ・確認申請書に「民間自転車等駐車場届出書受付通知書」を添付してください。(正本、副本に各1通)
  5. 工事完了に関する書類の提出(2部ご準備ください。)
    ・民間自転車等駐車場工事完了届出書(規則様式第16号)

各種様式ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

都市・交通計画課 交通安全・駐車等担当
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館7階
電話:089-948-6421
E-mail:toshi-kou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.