このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 暮らし の中の 住宅・建物・土地 の中の 住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅の登録制度 のページです。

本文ここから

住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅の登録制度

更新日:2018年7月10日

1 住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅登録制度とは

 民間賃貸住宅や空き家等を活用した住宅確保要配慮者に対する住宅セーフティネット機能の強化を図ることを目的に、改正「住宅セーフティネット法」が平成29年10月25日に施行されました。これに伴い、新たな住宅セーフティネット制度が創設され、住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅の登録制度等が定められました。

 賃貸人は、面積や構造、設備等について一定の基準を満たす住宅を、住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅として、松山市に登録することができます。(松山市内の住宅に限る)。 
 ※登録事務は、松山市都市整備部住宅課にて行います。
  なお、松山市が登録住宅のあっせんを行うものではありません。

 登録された住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅に関する情報は、国土交通省が作成する以下のホームページで全国情報をまとめて閲覧できます。

 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。■セーフティネット住宅情報提供システム(外部サイト)

2 登録の基準等

登録基準

・各戸の床面積の規模は25平方メートル以上であること。
※ただし、共用部分に共同して利用するため適切な台所、収納設備又は浴室若しくはシャワー室を備えることにより、各居住部分に備える場合と同等以上の居住環境が確保される場合にあっては18平方メートル以上であること。
・消防法及び建築基準法に違反しないものであること。
・建物が耐震性能を有すること
・各戸に台所、便所、収納設備、洗面設備及び浴室又はシャワー室を備えていること。
※ただし、共用部分に共同して利用するため適切な台所、収納設備又は浴室若しくはシャワー室を備えることにより、各居住部分に備える場合と同等以上の居住環境が確保される場合にあっては、各居住部分が台所、収納設備又は、浴室若しくはシャワー室を備えたものであることを要しない。
・家賃が近傍同種の住宅と均衡を失しないこと

共同居住型賃貸住宅の登録基準(シェアハウス型)

・住宅全体の面積が15平方メートル×N+10平方メートル以上であること。 N:居住人数
・専用居室の入居者は1人
・専用居室の面積は9平方メートル以上(収納設備が備えられている場合にあっては、当該収納設備の床面積を含む。)
・共用部分に居間、食堂、台所、便所、洗面設備、浴室又はシャワー室、洗濯室又は洗濯場があること。(各専用部分に設ける場合は共用部分に当該設備を備えることを要しない。)
・便所、洗面設備及び浴室若しくはシャワー室を居住人数の概ね5人につき1箇所の割合で設けること。(一度に複数名の利用が可能な設備を設ける場合は居住人数分設けられていること)

3 登録申請書について

登録申請書

 国土交通省が開設する、専用のホームページにアクセスして登録事項を入力し、申請書類をプリントアウトして下記の書類を添付のうえ、松山市都市整備部住宅課に提出してください。 
 提出部数:正本1部 副本1部 計2部
  
  外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。■セーフティネット住宅情報提供システム(登録の申請)(外部サイト)

添付書類

(1) 住宅の規模及び設備の概要を表示した間取図
(2) 登録申請者(法人の場合は代表者及び役員を含む)が法第11条第1項各号に掲げる欠格要件に該当しない者であることを誓約する書面
(3) 建物の転貸借が行われている場合、建物の所有者及び転貸人が法第11条第1項各号に掲げる欠格要件に該当しないものであることを誓約する書面
(4) 登録申請者が未成年である場合、法定代理人(役員含む)が、法第11条第1項第1号から第5号までに掲げる欠格要件に該当しない者であることを誓約する書面

※住宅が、昭和56年6月1日以後に新築工事に着手したものである場合
(5) 建築基準法第7条第5項の検査済証その他の書類で昭和56年6月1日以後に新築の工事に着手されたものであることを明らかにする書類

※住宅が、昭和56年5月31日以前に新築工事に着手したものである場合 (6)から(9)までのいずれかの書類
(6) 建築物の耐震改修の促進に関する法律第4条第1項に規定する基本方針のうち同条第2項第3号の技術上の指針となるべき事項に基づいて建築士が行った耐震診断結果報告書
(7) 既存住宅に係る住宅の品質確保の促進等に関する法律第6条第3項の建設住宅性能評価書
(8) 既存住宅の売買に係る特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律第19条第2号の保険契約が締結されていることを証する書類
(9) (6)から(8)までに掲げるもののほか、住宅の耐震性に関する書類

(10) その他市長が必要と認める書類
・登録申請者、建物の所有者、転貸人及び法定代理人の住民票(法人の場合は、役員全員の住民票)
・その他市長が特に必要と認める書類

【参考様式】

4 登録事項等の変更届出について

 登録事項等に変更があったときは、その日から30日以内に下記の様式により、変更届出書を提出しなければなりません。

  外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。■登録事項の変更について(外部サイト)

5 住宅の整備に関する補助について

 国では、入居者を住宅確保要配慮者に限定した住宅確保要配慮者専用賃貸住宅の改修に係る工事費の一部を補助する、「住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業」を実施しています。

  外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。■住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業(スマートウェルネス住宅等事業推進室)(外部サイト)

6 愛媛県居住支援協議会について

 住宅セーフティネット法第51条第1項の規定に基づき、不動産関係団体、福祉団体、市町、県を構成員として愛媛県居住支援協議会を組織しています。
 愛媛県居住支援協議会は、住宅確保要配慮者(高齢者、障害者、子育て、外国人世帯等住宅のその他住宅の確保に特に配慮を要する者)の民間賃貸住宅への円滑な入居の促進を図るため、地方公共団体や関係業者、居住支援団体等が連携し、住宅確保要配慮者及び民間賃貸住宅の賃貸人の双方に対し、住宅情報の提供を始めとした支援を行うものです。

  外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。■愛媛県居住支援協議会(外部サイト)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

住宅課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館7階
電話:089-948-6934
E-mail:juutaku@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

住宅・建物・土地

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.