このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 子育て・教育 の中の 生涯学習 の中の 第16回瀬戸内海俳句大会の審査結果をお知らせします のページです。

本文ここから

第16回瀬戸内海俳句大会の審査結果をお知らせします

更新日:2017年12月7日

第16回瀬戸内海俳句大会(平成29年度)

 この大会は、瀬戸内海の四季を通じた自然の美しい島々の景色や暮らし、行事などを詠んだ俳句を1人5句(未発表句)以内で募集しました。
 審査の結果、入賞句が決定し、大会で発表しましたのでお知らせします。

応募件数

1470句(小学生の部…627句 中学生・高校生の部…373句 一般の部…470句) 

審査員

八木 健、夏井 いつき、田島 明志

表彰式等

日時

平成29年12月3日(日曜日)午後1時30分〜午後4時30分

場所

中島総合文化センター 大ホール

入賞句

大賞
大夕やけ海のにおいがかわるとき 浅野 迦恋
優秀賞(小学生の部)
全校でべんとう食べる青みさき 兵頭 海音
優秀賞(中学生・高校生の部)
瀬戸渡る船の塗装が日に焼ける 小林 大悟
優秀賞(一般の部)
薫風に靡かせたくて髪解く 浜田 邦雄

審査員特別賞

八木健賞

特選

瀬戸の波胸で切り裂く平泳

米澤  睦

鰡跳ねて海の平らを掻き乱す

富永 正一

足湯には大根ありて牛蒡あり

中矢 長宗
入選

三日生き乾いたせみを軽くもつ

橋村 遥香
手を出せば手にとまりたる姫蛍 金本 房夫
号砲や百人駆ける夏の浜 丹羽 梓
赤本に汗のしたたる盆休み 河内 拓馬
島と島結んで浜に虹の足 片岡 祥子
島々の影を消しつゝ夕立来る 富永 正一
達者でな都会へ戻る帰省の子 豊田 耕造

するすると抜くる蜥蜴の色残る

豊田 みゆき
継がぬとも継ぐとも言はず蜜柑摘む 長谷川 雅男

日傘振る母を残して島を出る

三本松 喜美子
島の子もシティーボーイかサングラス 安岡 留美子
じいちゃんと初素もぐりで夏の海 大内 理資

夏井いつき賞

特選

波ぎわに蟹と母船のごとき雲

松山 帖句

造船の町を朝焼揺れている

三瀬 未悠

メガネ屋へ秋風と祖母と船に乗り

林 一真
入選

秋夕やけウミヘビがからまっている

兵頭 叶武

お師匠と呼ばれたる子の蛸を突く

浜田 邦雄

橋になど繋がれまいぞ島涼し

日根野 聖子

秋夕焼巨人と出会うすなの浜

松原 琉也

魚五十ぴき昼の月は真っ白

渡邊 魁斗

月光を纏う廃船飛びなさい

宮下 嘉納子

あの光るところ海です花氷

満保 千里

フナムシとなみからにげるいもうとよ

井上 陽葵

水とうが海におちたよ夏休み

渡邊 陽斗

貝がらはうらがつるつる星すずし

松原 琉也

島の道軽トラとばす夏休み

竹田 仁実

瀬戸内の砂白くあり塩アイス

佐川 慎

田島明志賞

特選

舟隠し今も遺りて葛の花

近藤 みずえ

島々に灯り急かせる夕ひぐらし

田村 利平

着陸の前にそびえる夏の海

里脇 海斗
入選
秋の波さらさら光る白い波 高魚 璃空
太刀を抜くやうに太刀魚釣り上げる 野中 敏子
砂浜に波の形のワカメかな 山崎 志音
ばあちゃんのみかんとめがね冬が来た 大内 彩新
満天星の花や岬の外れまで 田村 利平
くたびれし漁具から仕舞ふ野分かな 清水 孝一
発射台夏の浜辺のコーラ瓶 松山 帖句
長屋門守る船板去ぬ燕 森 恵子
錦木紅葉蔵百年の鏝絵かな 大島 潮美
釜揚げの鹿尾菜の匂ふ鹿尾菜小屋 長谷川 雅男
長編にしおりをはさむ秋の夜 橋村 遥香
母さんにしかられ午後のおじぎそう 山本 恭児


大会模様(田島明志先生講評)


俳句大会受賞者で

大会当日特別賞

 大会当日の午前中に1人3句(未発表句)以内で募集しました。
 審査の結果、入賞句が決定し、瀬戸内海俳句大会で発表しましたのでお知らせします。

投句件数

110句

入賞句

八木健賞

特選

流木のぶち込まれたる浜焚火

富永 一升

言の葉を探し手袋置き忘れ 森  恵子

夏井いつき賞

特選

島までは楕円に進む冬日和

香田 なを

冬日和寂しい方へ魚の群 宮下 嘉納子

田島明志賞

特選
野ざらしの句碑つかの間の冬夕焼 小坂 三国 
大枯野しずかに火星近づけり 杉野 祐子

お問い合わせ

地域学習振興課
中島総合文化センター
〒791-4501
愛媛県松山市中島大浦2962番地
電話:089-997-1181
E-mail:kychiiki@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

生涯学習

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.