このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 介護保険 の中の 啓発事業 の中の 認知症について学ぶ!〜認知症サポーター100万人キャラバン〜 のページです。

本文ここから

認知症について学ぶ!〜認知症サポーター100万人キャラバン〜

更新日:2017年6月23日

「認知症サポーター100万人キャラバン」の概要

「認知症サポーター100万人キャラバン」のロゴ

平成16年12月「痴呆」から「認知症」へと呼称が変更され、これを契機に厚生労働省および民間の団体が協力して、みんなで認知症の人とその家族を支え、誰もが暮らしやすい地域を作っていく運動「認知症を知り地域をつくる10ヵ年」のキャンペーンが始まっています。
このキャンペーンの一環である「認知症サポーター100万人キャラバン」は、地域で暮らす認知症の人や家族を日常の生活場面において、自分の出来る範囲でサポートする「認知症サポーター」を育成していく全国的な取り組みです。

「認知症サポーター」とは?

質問する猫のイラスト

認知症サポーターって何?役割は?

回答する犬のイラスト

認知症サポーター講座を受講した方を「認知症サポーター」と呼びます。
講座を通じて、認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族を温かく支援するのが認知症サポーターの役割です。
講座で学んだ知識を友人や家族へ伝えていく、認知症の人や家族の気持ちを理解するよう努めるといったことも、サポーターの活動の一つです。
また商店、交通機関や働くさまざまな場面でその方を理解し接することも認知症サポーターとしての関わりの一つです。

質問する猫のイラスト

認知症サポーター養成講座とは?

回答する犬のイラスト

町内会、学校、商店、職場、有志の集まりなどに講師(キャラバン・メイト)が出向いて、認知症についての勉強会を実施します。

時間は1時間30分程度です。講座修了後に、認知症サポーターの証である「オレンジリング」をお渡しします。これが認知症の方や家族を支援する「目印」となります。
※ただし、この講座は、認知症について正しく理解していただくための講座で介護方法を学ぶためのものではありません。

〔対象者〕

 一般市民・・・自治会、高齢クラブ、子ども会、ボランティア団体、ふれあい・いきいき・サロン、サークル、お友達グループなど

 企業・・・商工会議所、同業者組合、金融機関、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、タクシー業、警察、郵便局、商店会など

 学校・・・小学校、中学校、高校、大学、教職員、PTAなど

質問する猫のイラスト

認知症サポーター養成講座の講師は?

回答する犬のイラスト

キャラバン・メイト養成研修を修了した方で認知症に対する正しい知識と具体的な対応方法を伝える講師「キャラバン・メイト」が講師となります。

質問する猫のイラスト

認知症サポーター養成講座を町内会や学校などで開催したい場合は?

回答する犬のイラスト

認知症サポーター養成講座(申込書)を下記の介護保険課へ提出してください。
※FAXやEメールでも受付可
(お申込み受付け後、確認のため介護保険課からご連絡させていただきます。)
<注意事項>
※10名以上の団体の方でお申込ください。
※講座実施に調整が必要ですので、希望日の1カ月以上前にはご連絡ください。
※会場は各団体でご用意ください。

<申込先> 
松山市役所 介護保険課(別館2階)
〒790−8571 松山市二番町四丁目7−2
TEL:089-948-6949(地域包括ケア推進担当) 
FAX:089-934-0815
E-mail:kaigo@city.matsuyama.ehime.jp

認知症サポーター養成講座(申込書)

全国的な活動状況

平成29年3月末

「認知症サポーター」が880万人に到達
 (平成29年3月31日時点で、8,829,946人になりました)

松山市の活動実績

平成29年3月末

認知症サポーター養成講座・・・731回
認知症サポーター・・・・・・・26,667人
キャラバン・メイト・・・・・・452人

認知症サポーター養成講座の開催実績

認知症サポーター養成講座の開催風景

平成28年12月20日(火曜日) 14:00〜16:00
松山市主催による市民向け講座

認知症サポーター養成講座

  • あいさつ
  • 認知症サポーター養成講座(キャンペーンビデオ)
  • 松山市認知症高齢者SOSネットワーク事業「おまもりネット」等松山市の認知症の取り組みについて

認知症サポーター養成講座の開催風景

平成29年6月14日(水曜日) 9:20〜11:10
松山市立さくら小学校での様子

認知症サポーター養成講座

  • 高齢者の特徴
  • 寸劇(おうちはどこですか)
  • 認知症という病気について
  • 絵本朗読、認知症の人との関わり方について
  • クイズ、質問など  

認知症は、誰にでもなる可能性がある病気です。
いつ自分や家族が、あるいは友人が認知症になるかわかりません。
住み慣れたこの街で、みんなが安心して暮らせるよう、
認知症について学び、理解し認知症の方やその家族を支える”心の杖”になりませんか?

関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。認知症サポーター100万人キャラバンについて、詳しくはこちらをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

介護保険課 地域包括ケア推進担当
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 別館2階
電話:089-948-6949  FAX:089-934-0815
E-mail:kaigo@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.