このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

介護ロボット等導入支援特別事業

更新日:2016年7月5日

事業者の皆様へ

介護ロボット導入支援事業等に係る経費所要額調書及び介護ロボット導入計画等の提出について(受付は終了しました。)

厚生労働省高齢者支援課より、介護ロボット等導入支援特別事業実施要綱(案)の送付と提出書類の依頼がありました。
対象となる介護ロボット機器等の詳細について、介護ロボット等導入支援特別事業実施要綱(案)をご確認いただき、導入予定のある事業所は介護ロボット導入計画書等を提出してください。(国の補正予算での補助事業となりますので、計画書等を提出いただいても必ず補助が決定されるものではありません)
なお、地域医療介護総合確保基金分(介護ロボットの補助額が1機種当たり10万円以下のもの)についても、交付金とは分けて資料を作成してください。

提出資料

(1)地域介護・福祉空間整備推進交付金分(1施設当たり300万円上限)
   ・経費所要調書(実施要綱(案)様式第3号の別添)※事業所が記入
   ・介護ロボット導入計画(実施要綱(案)様式第4号)※事業所が記入
   ・介護ロボットの見積書の写し
   ・介護ロボットの製品名・機器の特徴(有効性、安全性能の検証情報(製造業者または販売代理店に提供を受け添付すること))

(2)地域医療介護総合確保基金(1機器当たり10万円上限)
   ・経費所要調書(実施要綱(案)様式第3号の別添)※事業所が記入
   ・介護ロボット導入計画(実施要綱(案)様式第4号)※事業所が記入
   ・介護ロボットの見積書の写し
   ・介護ロボットの製品名・機器の特徴(有効性、安全性能の検証情報(製造業者または販売代理店に提供を受け添付すること))

 ※上記(1)と(2)の経費所要調書及び介護ロボット導入計画は別々に作成してください。
  介護ロボット機器の最終納入期限は、平成28年度末(H29.3末)までに完了するものが対象となります。

介護ロボット等導入支援特別事業における支援対象介護ロボットの例示

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。支援対象介護ロボットの例示

介護ロボット等導入支援特別事業支援対象介護ロボットの例示

提出期限

提出期限 平成28年2月24日(水曜日)午後5時までに、介護保険課 事業者指定・指導担当メールに計画書(様式第4号)・経費所要額調書(様式第3号別添)及び見積書(写し)等を添付して送付してください。

様式第4号及び様式第3号別添を除き送付できないものは、期日までにご持参ください。

留意事項

・補助金を活用して介護ロボットを導入する場合は、松山市又は愛媛県が補助金の交付決定後(時期は未定)に事業を開始することが前提になります。すでに購入している機器や、売買契約を締結済みの場合は対象になりませんのでご注意ください。
・この補助金を活用して事業を実施する場合は、平成28年度中に機器の納品・引渡しが完了することが必要です。
・国の予算額を超える申込が全国から寄せられた場合は、「介護ロボット導入計画」の内容に基づき、国が補助対象事業者を選定します。今回の申請を以って補助を確約するものではありません。
・具体的な介護ロボット製品の種類、機能、価格等については、市にお問い合わせいただいても現時点では十分なお答えの用意がございませんので、メーカー又は販売店にお問い合わせください。
・補助金を受けて機器を購入した後、国が定めた財産処分の制限期間内に介護サービス事業を休止・廃止したり、機器の廃棄等を行う場合は、年数に応じた補助金の返還義務が生じます。補助金を活用して事業を実施する場合は、事業の継続性について慎重にご検討の上、申請してください。

問合せに対する国の回答

 Q1 様式第4号「介護ロボット導入計画」の中段「倫理面への配慮」には、どのようなことを記載すればよいか?
 
A1 介護は人の手で行うことが前提で、ロボット導入に対し、利用者やその家族等からロボットに対する懸案や、実験台ではない、という反発等も考えられるため、こういう態勢をとります、ということを記載してほしい。
(例)〜に対応するため苦情・相談窓口を設置する、説明会を行う等。
 

Q2 介護ロボットの機器の納入時期は

 A2 平成28年度末(H29.3末)まで
  

Q3 様式第3号別添「経費所要額調書」のC欄(補助金申請額)は、機器価格A×台数Bとなっているが、高額機器200万円を2台導入する場合、
    200万円×2台=400万円を記入するのか、
    それとも補助金上限額300万円を記入するのか。

 A3 300万円を超える場合、補助金申請額(上限額)を記入すること。

関連ファイル

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

介護保険課 事業者指定・指導担当
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 別館2階
電話:089-948-6968
E-mail:shidou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.