このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

がん検診

更新日:2019年8月26日

がん検診について

がん検診レンジャー

松山市民を守るために、がん検診レンジャーからのお知らせです。

男性、女性ともに2人に1人が、がんになる恐れがあります。
がんは早期発見が大切です。

「自分は大丈夫」と思わず、がん検診を受けましょう!

松山市が実施しているがん検診

対象

松山市内に住民登録があり、勤務先などでがん検診を受ける機会のない方が対象です。

がん検診の種類

 松山市では、下記のがん検診を実施しています。

がん検診の対象年齢・受診間隔・自己負担金
項目 対象年齢 受診間隔 自己負担金
(年度末年齢) 集団検診 個別検診
胃がん(バリウム) 50歳以上 年度に1回 1,000円 実施なし
胃がん(内視鏡)*3 50歳以上 2年度に1回 実施なし 3,500円*4
前立腺がん 50歳以上 年度に1回 700円 実施なし
肺がん・結核*1 40歳以上 年度に1回 800円 900円
大腸がん 40歳以上 年度に1回 500円 600円
乳がん 40歳以上 2年度に1回 1,200円 2,000円*4
子宮頸がん 20歳以上 2年度に1回 800円 1,300円*2*4

*1 65歳以上の方は「感染症の予防及び感染症の患者に関する法律」により結核検診の受診が義務付けられています。
*2 指定医療機関では、医師の判断で子宮体部の検査を行うことがあります。(別途700円必要)
*3 胃がん(内視鏡)検査を受診された方は、翌年度は胃がん(内視鏡検査)及び胃がん(バリウム)検査のどちらも受診することができません。
*4 個別検診で行う胃がん(内視鏡)・乳がん・子宮がん検診は、受診票が必要です。受診の前に健康づくり推進課までお電話(電話089−911−1819)でお申し込みください。受診票を郵送いたします。

がん検診無料クーポン券について

令和元年度(平成31年度)に以下に該当する方は、がん検診の無料クーポン券を令和元年6月17日に発送しています。
(1)対象者 
   乳がん:S53年4月2日生〜S54年4月1日生
   子宮頸がん:H10年4月2日生〜H11年4月1日生
   なお、平成31年4月20日以後に松山市に転入して来られた方は、受診の前に健康づくり推進課までお電話(電話089−911−1819)でお申し込みください。無料クーポン券を郵送いたします。
(2)有効期限
   令和2年3月20日まで

がん検診の受け方

下記のいずれかの方法で受診することができます。
(1)集団健診または個別検診で受ける
松山市保健所・保健センター分室や公民館等で行う集団検診と、指定医療機関で行う個別検診があります。集団健診では、特定健康診査と同時に受診できる会場もあります。
集団健診と指定医療機関では、自己負担金や方法等が異なる検診もありますので、ご確認のうえ、受診してください。
集団検診の会場や日程等・個別検診の指定医療機関は、こちらからご確認ください。
(2)まつやま笑顔ドックで受ける
特定健康診査に加えて、大腸がん・肺がん検診・視力・聴力・肺機能等の人間ドック並みの検査ができます。対象年齢以上の方は、乳がん・胃がん・前立腺がん検診をオプションで行うこともできます。詳しくはまつやま笑顔ドックのページをご覧ください。
(3)がんセット検診で受ける
肺がん検診(ヘリカルCT検査)と胃がん・大腸がんを同時に受診できる検診です。
詳しくはページ下部をご覧ください。

 *松山市保健所では、肝炎ウイルスの検査も実施しています。詳しくは下記からご確認ください。
 肝炎ウイルス検査(B型・C型肝炎)

がんセット検診

対象

松山市内に住民登録があり、勤務先などでがん検診を受ける機会のない40歳以上の方(胃がん検診を希望の方は50歳以上の方)が対象です。

受診間隔

○年度に1回です。
○同じ年度内に松山市実施のがん検診を受診された方は、がんセット検診は受けられません。
○胃がん(内視鏡)検診を前年度に受けられている場合は、胃がん検診は受けられません。

受診会場

松山市医師会健診センター(松山市藤原二丁目4番70)

受診期間

4月から翌年3月20日まで。

ご注意ください

がんセット検診は自己負担金免除の対象外です。
市民税非課税世帯の方、後期高齢者医療の保険証をお持ちの方、生活保護受給の方、中国残留邦人の支援給付受給の方も料金のお支払いが必要となりますのでご注意ください。

検診の詳細

がんセット検診は、必須項目と選択項目があります。
 ●必須項目は、受診者に必ず受けていただく検診です。
 ●選択項目は、希望すれば受けることができる検診です。

検査内容
検診名称 検査内容
必須検診 肺がん ヘリカルCT検査
選択検診 胃がん 胃部X線検査(バリウム)
選択検診 大腸がん 便潜血検査(免疫2日法)
自己負担額
受診項目 自己負担額
肺がん 3,400円
肺がん+胃がん 6,000円
肺がん+大腸がん 3,700円
肺がん+胃がん+大腸がん 6,300円

予約先

松山市医師会健診センターへ直接電話にてご予約ください。
予約先電話番号 (089−915−7701)
※予約受付時間 月曜から金曜日 9時から16時
           第1・3土曜日   9時から12時

定員を超過した場合は、お断りいたしますのでご了承ください。

自己負担金の免除

対象の方は事前の申請により、がん検診(子宮頸・乳・肺・大腸・胃・前立腺)の自己負担金が無料になります。
詳しくは、下記をご参照ください。

自己負担金の免除についてはコチラ

注意事項

要精検(要精密検査)と判定された方へ

「精密検査」は、治療が必要かどうかを確認するために行う、より詳しい検査です。
単なる検診のやり直しではありません。
放置した期間の分、症状が進行する可能性もあります。
病気の早期発見のために、できるだけ早く精密検査を受けましょう。

精密検査受診について

・ 医療機関に行くときは、検診実施医療機関発行の書類(結果通知書、精密検査結果連絡依頼書)を提出してください。
・ 医療機関で精密検査を受ける場合は、健康保険が適用されますので、必ず保険証を持参してください。
・ 検診の精度管理向上を目的に、精密検査の結果は、松山市及び受診した指定医療機関に情報提供していただくことをご了承ください。

令和元年度版 精密検査 実施医療機関一覧(松山市内分)

市町村が実施する子宮頸がん検診をこれまでに受診された・今後受診される予定の平成2年度〜平成9年度生まれの方へのお願い

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康づくり推進課 健診担当
〒790−0813 愛媛県松山市萱町六丁目30-5 松山市保健所 1階
電話  :089−911−1819
ファクス:089−925−0230
E-mail:kenkou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

健康づくり

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.