陽性が判明した方へのお知らせ

更新日:2022年10月20日

まず初めに知っておいていただきたいこと

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐためにも、下記の内容に注意していただくようお願いいたします。


〇新型コロナウイルス感染症は人にうつすリスクがありますので、陽性が判明してからは外出をしたり、自宅に人を呼ぶことはしないでください。
〇家庭内の共有部分や陽性者が触った部分の消毒を行ってください。
 (消毒方法はについてはダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF:202KB)をご参照ください)
〇同居のご家族がいる場合は、可能なら自宅内で部屋を分けるなど離れて生活をしてください。
  

療養期間について

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。療養解除日の自動計算ツール

すでに症状のある方


症状が出た日(発症日)の翌日から7日間 (7日間が経過し、かつ、症状軽快後24時間が経過した場合)

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。療養期間早見表(症状がある方:7日間)(PDF:174KB)
解除となった後も10日間が経過するまでは、検温などで健康状態を確認するとともに、リスクの高い場所の利用・会食等を避けるほか、マスクの着用などの感染対策をお願いします。

〇ただし、以下の者は 症状が出た日(発症日)の翌日から10日間 (10日間が経過し、かつ、症状軽快後72時間が経過した場合)
※入院している者。
※人工呼吸器等による治療を行った場合。
※高齢者施設に入所している者。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。療養期間早見表(症状がある方:10日間)(PDF:204KB)
(療養終了日等に改めての検査はありません)

無症状の方


検査をした日(検体採取日)の翌日から7日間

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。療養期間早見表(無症状の方:7日間)(PDF:178KB)
検体採取日から無症状が続く場合、5日目に検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、5日間。
解除となった後も7日間が経過するまでは、検温などで健康状態を確認するとともに、リスクの高い場所の利用・会食等を避けるほか、マスクの着用などの感染対策をお願いします。

療養期間中の外出自粛について


有症状の場合で、症状軽快から24 時間経過後または無症状の場合には、下記の内容の徹底を前提に食料品の買い出しなど必要最小限の外出が可能です。

・外出時や人と接する際は短時間とする。
・移動時は公共交通機関を使わない。
・必ずマスクを着用するなど自主的な感染予防行動をする。

療養先について


療養先は緊急性が無い場合、翌日以降に決定されます。
結果は 電話 または ショートメール(SMS) でお知らせします。

感染可能期間(人へうつすリスクのある期間)について


発症日の2日前~療養期間が終わるまで
※無症状の場合は検査をした日(検体採取日)の2日前~療養期間が終わるまで

後遺症(罹患後症状)について

濃厚接触者について 【令和4年7月22日更新】

同居家族について

〇原則として同居家族は濃厚接触者となりますので、陽性が判明した後は各自ご自宅での待機にご協力ください。 
〇待機期間に関しては、陽性者の発症日(無症状の場合は検体採取日)または、住居内で感染対策を始めた日のいずれか遅い日を0日として5日間(6日目に解除)になります。
 
 ※乳幼児など、マスクなどの感染対策を講じることが難しい場合は分離ができないため、陽性者の療養期間を終了する日を0日として5日間になります。
 ※6日目に解除となった後も7日間が経過するまでは、検温などで健康状態を確認するとともに、リスクの高い場所の利用・会食等を避けるほか、マスクの着用などの感染対策をお願いします。
 ※待期期間の短縮などについても下記に記載していますのでご参照ください。(陽性者の期間短縮はありません)

同居家族以外について

感染可能期間内の接触に関しては濃厚接触者になる可能性があります。
・職場や学校、利用されているサービスや習い事
・プライベートで接触した友人や家族
などについては陽性者またはその家族から該当者へご連絡をお願いいたします。
 
※保育園・幼稚園・小学校等に関しては、保健所から情報提供することがありますのでご了承ください。
※職場などの事業所は、事業所で濃厚接触者に対応していただくようになります。下記のリンク内の「濃厚接触者の判断基準等のマニュアル」をご確認いただくようご案内ください。
 
〇濃厚接触者への連絡内容、濃厚接触者の判断基準等の詳細は下記のリンクをご参照ください。
【濃厚接触者の方へのお知らせ】
http://www.city.matsuyama.ehime.jp/kurashi/iryo/hokenyobo/kansensho/tyuui/noukousesshokusha.html
(消毒方法や日常生活での注意点などについても掲載しています)

濃厚接触者の期間短縮について 【令和4年7月22日更新】

・濃厚接触者が無症状の場合、2日目及び3日目に薬事承認を受けた抗原定性検査キットを用いた検査で陰性を確認した場合は、社会機能維持者であるか否かに関わらず、3日目から待期期間を解除することが可能です。
(ただし、未就学児に関しては期間の短縮は行えません)
 
・短縮をした場合も、7日間が経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認やハイリスク者との接触、ハイリスク施設へ不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食を避け、マスクを着用する等の感染対策をしてください。

後日、同居家族が陽性者になったときの対応について

同居家族に症状が出てきた場合の対応について

同居家族も他の濃厚接触者と同じように、まずは医療機関を受診していただくようになります。
詳しくは【濃厚接触者のお知らせ】をご参照ください。

同居家族が陽性になった場合の対応について

同居家族が後日新たに陽性になった場合は、その他同居家族の待期期間が延長になる可能性があります。
(既に今回陽性になっている方は療養期間の延長は無く、新たに濃厚接触者となることもありません)
 
・新しく陽性になった家族とマスクなしでの接触の有無
・消毒していない共有部分の有無
 
などを検討し、新しく陽性になった同居家族との濃厚な接触がある場合は、対策を取り始めた日を0日として新たに5日間ご自宅での待機をお願いいたします。
※期間延長を避けるためには、濃厚接触者同士での感染対策が大切です。

療養証明書について

【発生届の対象者のみになります】
詳細はこちらからご確認ください。

保健所からの連絡について

令和4年9月26日から、保健所からの連絡が変更になります。

下記リンクをご確認ください。

自宅療養について詳しくはこちら

避難について

  • あらかじめ自宅の災害リスクを確認し、避難が必要な方は、親戚や知人の家など安全な避難先を見つけておきましょう。
  • 夜間の避難は危険です。避難を希望される方は、雨風がひどくない時間帯(日中)に、保健所までご連絡ください。
  • 災害リスクの確認、垂直避難等、詳しくは下記「新型コロナウイルス禍での避難行動」をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健予防課

〒790-0813 愛媛県松山市萱町六丁目30-5 松山市保健所 1階

電話:089-911-1856

E-mail:hokenyobou@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで