【7月から中止】エイズ相談(HIV・梅毒・肝炎ウイルス検査)

更新日:2022年8月25日

エイズ相談中止のお知らせ【令和4年8月25日情報更新】

 
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、令和4年7月8日から、エイズ相談(HIV・梅毒・肝炎ウイルス検査)を当面の間中止いたします。
 
既に検査予約をされている方、結果の返却を予定されている方に関しては実施いたします。

 
再開の予定については未定です。
エイズ相談の再開が決定次第、こちらのホームページに記載します。
(毎月月末に情報更新予定)
 
 

後天性免疫不全症候群(エイズ AIDS)とは

エイズは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染することによっておこる病気です。
HIVに感染すると、身体を病気から守る免疫機能が破壊され、健康な人では通常見られない様々な感染症(日和見感染症)を発症します。そのうち、代表的な指標となる疾患が決められており、これらを発症した時点でエイズと判断されます。

HIVに感染していても、自覚症状のない時期(潜伏期)が数年続くため、HIVに感染しているどうかは検査してみないと分かりません。

HIVの感染経路

主な感染経路は、「性行為による感染」、「血液を介しての感染」、「母子感染」です。

HIVに感染すると、ウイルスが血液、精液、膣分泌液、母乳などに多く分泌されます。
唾液、涙、尿などの体液には、他の人に感染させる量のウイルスは分泌されていません。
HIVは主に粘膜から侵入し、正常な皮膚から感染することはありません。

エイズ・梅毒・肝炎ウイルス検査について

検査を受ける時期

感染の可能性がある時期から3カ月以上たってHIV抗体検査をすれば感染しているかどうか分かります。 もし感染していても、日常生活の改善と薬により長期間エイズの発症を防ぐことができるため、早期に感染の有無を知ることが大切です。

エイズ電話相談

プライバシーに配慮し、エイズに関する相談に応じます。

月曜日から金曜日 8:30から17:15まで(祝日・年末年始を除く)

電話 089-911-1815

エイズに関する情報はこちらから

お問い合わせ

保健予防課 感染症対策・予防接種担当
〒790-0813 愛媛県松山市萱町六丁目30-5 松山市保健所 1階
電話:089-911-1815  FAX:089-923-6062
E-mail:hokenyobou@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

検査・性感染症

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで