このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

エボラ出血熱の対応

更新日:2016年1月20日

 2014年3月以降、西アフリカのギニア、シエラレオネ、およびリベリアを中心に、エボラ出血熱が流行していましたが、世界保健機構(WHO)は、2015年5月9日にリベリア、11月7日にシエラレオネ、12月29日にギニアの流行の終息宣言を公表しました。
 これまで、日本国内で患者発生の報告はありませんが、今後も情報にご注意ください。

エボラ出血熱とは

エボラ出血熱とは、エボラウイルスによる感染症です。

感染経路

 エボラウイルスに感染し症状が出ている患者の体液等(血液、分泌液、吐物、排泄物)や体液等に汚染された物質(注射針など)に十分な防護を行わずに触れた際、ウイルスが傷口や粘膜から侵入することによって感染します。
 一般的に、症状の出ていない患者からは感染しません。空気感染もしません。

 また、流行地では、エボラウイルスに感染した野生動物(オオコウモリ(果実を餌とする大型のコウモリ)、サル、アンテロープ(ウシ科の動物)等)の死体やその生肉(ブッシュミート)に直接触れた人がエボラウイルスに感染することで、自然界から人間社会にエボラウイルスが持ち込まれていると考えられています。

 エボラ出血熱は、咳やくしゃみを介してヒトからヒトに感染するインフルエンザ等とは異なり、簡単にヒトからヒトにうつる病気ではありません。
 病気に関する知識を持ち、適切な対策を行うことで感染を防ぐことができます。

☆エボラ出血熱の患者等との接触後、21日以内に発熱した方は、万一のため、地域の医療機関を受診することは厳に控えていただき、まず、最寄りの保健所に連絡をお願いします。

症状

 エボラウイルスに感染すると、2〜21日(通常は7〜10日)の潜伏期の後、突然の発熱、頭痛、倦怠感、筋肉痛、咽頭痛等の症状が現れます。次いで、おう吐、下痢、胸部痛、出血(吐血、下血)等の症状が現れます。

治療

 有効な抗ウイルス薬はないため、患者の症状に応じた治療(対症療法)を行うことになります。

予防方法

 エボラ出血熱に対するワクチンはありません。患者の体液に触れないことが重要です。

医療機関の皆さまへ

 平成27年12月29日に世界保健機構(WHO)がギニアにおけるエボラ出血熱の終息宣言を行ったことを踏まえ、西アフリカに21日以内に渡航又は滞在していたことのみをもって健康監視対象としていた検疫所の対応は、平成27年12月29日から取りやめられました。なお、発熱等の症状が現れ、エボラ患者等と接触歴のある場合、直ちに検疫所が把握する体制は継続していますが、エボラ出血熱を疑われる患者が医療機関に直接来院する可能性も考えられますので、万一、以下のエボラ出血熱疑似症患者の定義に合致する患者を診察した場合は、直ちに最寄りの保健所にご連絡いただきますようお願いします。

疑似症患者の定義

 医師は、38℃以上の発熱又はエボラ出血熱を疑うその他の臨床症状(嘔吐、下痢、食思不振、全身倦怠感等)を有し、かつ、次の1又は2を満たす者を診察した結果、エボラ出血熱が疑われると判断した場合、エボラ出血熱の疑似症患者として取り扱うこと。

  1. 21日以内にエボラ出血熱患者(疑い患者を含む。)の体液等(血液、体液、吐瀉物、排泄物など)との接触歴(感染症予防策の有無を問わない。)がある
  2. 21日以内にエボラ出血熱発生地域(ギニア、シエラレオネ、リベリア、ウガンダ、スーダン、ガボン、コートジボワ−ル、コンゴ民主共和国、コンゴ共和国)由来のコウモリ、霊長類等に直接手で接触するなどの接触歴がある

 また、有症状者からの電話相談によりエボラ出血熱への感染が疑われる場合、二次感染拡大のリスクを避けるため、保健所の職員が訪問するまでの間、自宅などその場での待機を要請すること。

保健所の連絡先は、こちらでご確認ください

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。エボラ出血熱相談窓口(愛媛県庁ホームページ)(外部サイト)
※松山市内の医療機関は、松山市保健所へお電話ください。

届出様式

関連情報


外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。*エボラ出血熱に対する対応について(愛媛県庁ホームページ)(外部サイト)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。*エボラ出血熱について(厚生労働省)(外部サイト)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。*FORTH 海外で健康に過ごすために(厚生労働省検疫所ホームページ)(外部サイト)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健予防課 感染症対策・予防接種担当
〒790−0813 愛媛県松山市萱町六丁目30−5 松山市保健所 1階
電話:089-911-1815  FAX:089-923-6062
E-mail:hokenyobou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

感染症

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.