このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

中東呼吸器症候群(MERS)について

更新日:2015年9月29日

中東呼吸器症候群(MERS)に関する対応について

 2012年9月に初めて報告された新種のコロナウイルス(MERS‐CoV)による感染症で、これまでに中東や韓国で報告されています。韓国では、本年7月5日に新規患者が報告されて以降、新規患者の報告はなく、我が国への感染拡大の懸念は極めて低くなったと考えられます。現時点では、日本国内での患者の報告はありませんが、今後の情報にご注意ください。

MERSとは

感染経路

感染経路は正確には分かっていませんが、咳やくしゃみなどの飛沫による感染(飛沫感染)と患者等との接触による感染(接触感染)が考えられます。

症状

感染してから2〜14日後に、呼吸器症状(発熱、咳、息切れや呼吸困難など)を引き起こします。感染しても症状が出ない場合もあります。

治療

特別な治療方法やワクチンはありません。

予防対策

  • 一般的な衛生対策として手洗いを行う。
  • 咳やくしゃみなどの症状を示している人との接触はできる限り避ける。
  • ラクダなど、動物との接触や、殺菌されていない乳や肉の喫食を避ける。

市民の皆さまへ

 MERSが報告されている中東諸国で、患者やラクダと接触した方は、感染の可能性があるため、検疫所が最大14日間の健康監視(毎日体温等の健康状態を報告すること)を行う場合があります。

入国時に検疫所で

発熱や咳などの呼吸器症状がある方や、MERSが疑われる患者又はラクダと接触した可能性がある方は、必ず、検疫所にお申し出ください。

入国後症状が出たら

入国後14日以内に、発熱や咳などの呼吸器症状がみられた方は、直接医療機関を受診せず、速やかに電話にて最寄りの保健所にご連絡ください。

最寄りの保健所は、こちらでご確認ください

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。管轄保健所(愛媛県庁ホームページ)

医療機関の皆様へ

 MERSの感染が疑われる患者の診察に当たっては、標準予防策及び飛沫感染予防策を徹底していただくとともに、次の要件に合致する患者を診察した場合は、下記の様式「情報提供票」をご記入いただき、最寄りの保健所に情報提供をお願いします。

情報提供を求める患者の要件

 次の1,2又は3に該当し、かつ、他の感染症又は他の病因によることが明らかでない場合、MERS疑似症患者の定義と合致するので、保健所への情報提供をお願いします。

  1. 38度以上の発熱及び咳を伴う急性呼吸器症状を呈し、臨床的又は放射線学的に肺炎、ARDSなどの実質性肺炎が疑われる者であって、発症前14日以内に対象地域(アラビア半島又はその周辺諸国)に渡航又は居住していた者
  2. 発熱を伴う急性呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈する者であって、発症前14日以内に対象地域(アラビア半島又はその周辺諸国)において、医療機関を受診若しくは訪問した者、MERSであることが確定した者との接触歴がある者又はヒトコブラクダとの濃厚接触歴がある者
  3. 発熱又は急性呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈する者であって、発症前14日以内に、対象地域か否かを問わず、MERSが疑われる患者を診察、看護若 しくは介護していた者、MERSが疑われる患者と同居(当該患者が入院する病室又は病棟に滞在した場合を含む。)していた者又はMERSが疑われる患者の気道分泌液若しくは体液等の汚染物質に直接触れた者

MERS疑似症患者の定義について

 医師が、上記の1、2又は3のいずれかに該当する患者を診察し、MERSへの感染が疑われると診断した場合には、当面の間、MERS疑似症患者として取り扱いますので、直ちに届出をお願いします。

届出様式

MERS発生届
中東呼吸器症候群(MERS)を疑う症例の情報提供票

最寄りの保健所はこちらでご確認ください

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。管轄保健所(愛媛県庁ホームページ)

関連情報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省:その他の感染症(中東呼吸器感染症(MERS)について)(外部サイト)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国立感染症研究所:中東呼吸器症候群(MERS)(外部サイト)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国立感染症研究所:海外の注目すべき感染症(中東呼吸器感染症(MERS))(外部サイト)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省検疫所:中東に渡航する方へ<中東呼吸器症候群に関する注意>(外部サイト)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愛媛県:中東呼吸器症候群(MERS)に関する対応について(外部サイト)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健予防課
〒790-0813 愛媛県松山市萱町六丁目30-5 松山市保健所 1階
電話:089-911-1856
E-mail:hokenyobou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

感染症

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.