このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

心身障害者扶養共済制度

更新日:2012年4月1日

制度の概要

 心身障がい児(者)の保護者(加入者)が毎月一定の掛金を納めることによって、保護者が亡くなったり、重度障害の状態になった後に、障がいのある方に終身一定額の年金が支給される任意加入の制度です。

制度に加入するための要件

障がいのある方を現に扶養している保護者であって、次の要件を満たしている方です。

  • 松山市に住所を有していること
  • 年齢が65歳未満であること(加入時年度の4月1日の年齢)
  • 特別な疾病または障がいがなく、生命保険契約の対象となる健康状態であること
  • 障がいのある方1人に対して、2口まで加入できます

また、ここでいう障がいのある方とは、次のいずれかに該当し、将来独立自活することが困難な人です。

  • 知的障がい者(療育手帳所持者)
  • 身体障がい者(身体障害者手帳1〜3級の所持者)
  • 精神または身体に永続的な障がいを有する者

 (精神病、脳性麻痺、進行性筋萎縮症、自閉症、血友病など、医師の診断に基づき、障がいが永続すると認められる者)

掛金月額

 掛金は毎月定められた日までに払い込んでいただきます。なお、掛金は加入者の加入時の年齢により、次の表のように定められています。

 平成20年4月1日以降に加入される方の1口あたりの掛金は次のとおりとなります。 

掛金月額
加入時の年齢
掛金月額
35歳未満
9,300円
35歳以上40歳未満
11,400円
40歳以上45歳未満
14,300円
45歳以上50歳未満
17,300円
50歳以上55歳未満
18,800円
55歳以上60歳未満
20,700円
60歳以上65歳未満
23,300円

掛金の補助

愛媛県では、加入者の方が納める掛金に対し、次の表の割合で補助を行っています。

掛金の補助
世帯の区分
加入者
一般世帯の方
0
10分の1
10分の9
市町村民税非課税世帯の方
6分の3
6分の2
6分の1
生活保護世帯の方
3分の2
3分の1
0

掛金の免除

 加入者の方がこの制度に20年以上継続して加入され、かつ年齢が4月1日時点で65歳に達したときは、加入が承認された月から、掛金が免除となります。ただし、昭和61年3月31日以前の加入者(加入時の年齢が45歳未満の加入者及び制度発足時の特例加入者)の方については、この制度に25年以上継続して加入され、かつ年齢が65歳に達したときに掛金が免除となります。

 また、1口目、2口目(口数の追加)の加入等の時期により、それぞれの掛金が免除となる時期が異なる場合があります。

年金の支給

 加入者が死亡したり、重度障害と認められたときは、その月から障がいのある方に対して次の年金が支給されます。

年金の支給
1口加入の方
月額2万円(年額24万円)
2口加入の方
月額4万円(年額48万円)

重度障害

 年金の支給については、加入者の方が死亡されたとき、又は重度障害となられたときから心身障がい者の方に対し年金が支給されることとなっておりますが、この制度における『重度障害』とは、次の各号のいずれかに該当する状態をいいます。

  1. 両眼の視力を全く永久に失ったもの
  2. 両耳の聴力を全く永久に失ったもの
  3. 咀嚼(そしゃく)又は言語の機能を全く永久に失ったもの
  4. 両上肢を手関節以上で失ったもの
  5. 両上肢の用を全く永久に失ったもの
  6. 十手指を失ったか、又はその用を全く永久に失ったもの
  7. 一上肢を手関節以上で失い、かつ、一下肢を足関節以上で失ったもの
  8. 両下肢を足関節以上で失ったもの
  9. 両下肢の用を全く永久に失ったもの

 条件によっては年金が支給されない場合がございますので、お問い合わせください。

弔慰金等の支給

弔慰金

 1年以上加入した後に、加入者より先に障がいのある方が死亡したときは、一時金として加入期間に応じて、次の弔慰金が支給されます。

弔慰金
加入期間
既加入者
平成20年4月1日以降の
加入者
1年以上5年未満
30,000円
50,000円
5年以上20年未満
75,000円
125,000円
20年以上
150,000円
250,000円

脱退一時金

 5年以上加入した後に、加入者の申し出によりこの制度から脱退したときは、一時金として加入期間に応じて、次の脱退一時金が支給されます。

脱退一時金

加入期間
既加入者
平成20年4月1日以降の
加入者
5年以上10年未満
45,000円
75,000円
10年以上20年未満
75,000円
125,000円
20年以上
150,000円
250,000円

 いずれの支給も2口加入のときは、それぞれの加入期間に応じた金額の合計額となります。

加入の手続きについて

新規加入するとき

  • 加入等申込書
  • 申込者(被保険者)告知書 (保護者の健康状態を告知する書類)
  • 障がいの種類および程度を証明する書類 (身体障害者手帳・療育手帳、診断書)

                             
※診断書は障害福祉課に所定の診断書があります

転出されるとき

 既に加入している方が他の都道府県や指定都市に引越しをしたときに、転出先でも継続して加入される場合は次の書類が必要です。

  • 加入等申込書
  • 住民票  (保護者及び障害者)
  • 転出前の加入番号 (保護者及び障害者)

口数追加をするとき

 すでに加入している方で、1口加入から2口加入に変更する場合は次の書類が必要です。

  • 加入等申込書
  • 申込者(被保険者)告知書(保護者の健康状態を告知する書類)

関連情報

心身障害者扶養共済制度の改正

お問い合わせ

障がい福祉課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 別館1階
電話:089-948-6936
FAX:089-932-7553
E-mail:shougai@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.