このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 福祉 の中の 社会福祉 の中の 生活保護制度とは の中の よくある質問 の中の よくある質問(生活保護でのマイナンバー(個人番号)関係) のページです。

本文ここから

よくある質問(生活保護でのマイナンバー(個人番号)関係)

更新日:2020年5月25日

生活保護でのマイナンバー(個人番号)に関すること

生活保護の申請はどのようになるのですか

 生活保護を申請する際には、マイナンバー(個人番号)を申請書に記載することが、法律によって原則義務付けられています。そのため、申請書には生活保護を受けようとする世帯全員のマイナンバー(個人番号)を記載する必要があります。
 生活保護の申請時には、マイナンバー(個人番号)確認書類として世帯全員の「マイナンバーカード(個人番号カード)」を持参してください。ただし、本人確認書類については、申請者(主に世帯主)のものだけで構いません。

【関連ホームページ】

マイナンバー(個人番号)を記載しないと生活保護の申請はできないのですか

 マイナンバー(個人番号)の記載は保護の決定要件ではないため、不明等の場合には記載しなくても生活保護の申請は可能です。

申請者本人が入院または入所中で、施設等の職員が申請の代行を行う場合はどのようにすればよいのですか

 申請者本人の心身の機能や判断能力が著しく低下しており、施設等の職員が申請書を記載し提出する場合は、申請書にはマイナンバー(個人番号)を記載せず、所定の申請手続きを行ってください。
 申請者本人の意向により、申請書等の提出のみ施設等の職員が行う場合は、申請者本人が申請書にマイナンバー(個人番号)を記載のうえ、身体障害者手帳等の「本人確認書類」と通知カード等の「マイナンバー(個人番号)確認書類」の写しをその他の関係書類と合わせて、封筒に入れ提出してください。その際、施設等の職員は、申請者本人に代わって申請書にマイナンバー(個人番号)の記載はできないため注意してください。

生活保護を受給中で、保護の変更申請を行う場合はどのようにすればよいのですか

 生活保護を受給中で、一時扶助等保護の変更申請を行う場合は、マイナンバー(個人番号)制度開始後に初めて申請書を提出する場合のみマイナンバー(個人番号)の記載が必要です。
 この場合には、新規による申請と同じように受給世帯全員の「マイナンバーカード(個人番号カード)」が必要となります。なお、申請書にマイナンバー(個人番号)を記載するのは、生活保護申請窓口で申請を受け付ける場合のみとしています。

お問い合わせ

松山市福祉事務所 生活福祉相談窓口
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2 別館1階
電話:089-948-6395
FAX:089-934-2632
E-mail:sekatufukusi@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.