このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

よくある質問(生活保護)

更新日:2018年10月1日

生活保護に関すること

生活保護について知りたい

 生活保護制度は、生活費や医療費などに困っている方に、一定の基準に従って最低限度の生活を保障し、自立に向けて援助する制度です。
 日常の生活費を援助する生活扶助、義務教育に関する費用を援助する教育扶助のほか、住宅扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助および葬祭扶助の8つの扶助があり、生活の状況により、必要な扶助を適用します。
 また、保護からの脱却を促すための「就労自立給付金」と生活保護世帯の子どもの大学等への進学を支援するための「進学準備給付金」の2つの給付金があります。
 制度適用には、現在の生活状況など詳しいお話をお伺いし、保護の必要性を判断するので、生活福祉総務課面接担当(電話:089-948-6395、FAX:089-934-2632)にお問い合わせください。

【関連ホームページ】

介護保険と生活保護との関係に関すること

生活保護を受けている人は介護保険に加入するのですか

 生活保護を受けている方は、その方の年齢により介護保険の取り扱いが異なります。
 40歳から64歳までの方は、原則として介護保険被保険者ではありません。これらの方が特定の病気で介護サービスを利用した場合は、その費用は生活保護費で賄われますので、生活保護を受けている方に負担は生じません。
 65歳以上の方は、介護保険の被保険者で、保険料は生活保護費で賄われます。また、介護保険から給付を受けた場合の一部負担金は生活保護費で賄われますので、生活保護を受けている方に負担は生じません。

介護保険の境界層措置について教えてください

 介護保険制度では、その方の所得状況に応じて介護サービスを利用した際の食費、居住費等の負担の基準が決められています。
 しかし、この基準額を支払うと生活が苦しくなり、生活保護を受けなければならなくなる方は、介護サービスの基準額を軽減すれば生活保護を受けなくても済む場合に、介護サービスの基準額を引き下げる措置を行い、生活保護を受けなくても済むようにできます。
 適用は、生活福祉総務課面接担当(電話:089-948-6395、FAX:089-934-2632)にお問い合わせください。

【関連ホームページ】

お問い合わせ

松山市福祉事務所 生活福祉相談窓口
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2 別館1階
電話:089-948-6395
FAX:089-934-2632
E-mail:sekatufukusi@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.