このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

生活保護での権利と義務

更新日:2018年11月16日

被保護者の権利

不利益変更の禁止

 被保護者は、正当な理由がなければ、既に決定された保護を、不利益に変更されません。

公課禁止

 被保護者は、保護金品および進学準備給付金を標準として租税その他の公課を課せられません。

差押禁止

 被保護者は、既に給与を受けた保護金品および進学準備給付金またはこれらを受ける権利を差し押さえられることはありません。

譲渡禁止

 被保護者は、保護または就労自立給付金もしくは進学準備給付金の支給を受ける権利を譲り渡すことができません。

被保護者の義務

生活上の義務

 被保護者は、常に、能力により勤労に励み、自ら、健康の保持および増進に努め、収入、支出その他生計の状況を適切に把握するとともに支出の節約を図り、その他生活の維持および向上に努めなければなりません。

届出の義務

 被保護者は、収入、支出その他生計の状況で変動があったとき、または居住地もしくは世帯の構成に異動があったときは、すみやかに、保護の実施機関または福祉事務所長にその旨を届け出なければなりません。

指示等に従う義務

 被保護者は、保護の実施機関が、第27条の規定により、被保護者に対し、必要な指導または指示をしたときは、これに従わなければなりません。
 保護の実施機関は、被保護者が義務に違反したときは、保護の変更、停止または廃止できます。

お問い合わせ

松山市福祉事務所 生活福祉相談窓口
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2 別館1階
電話:089-948-6395
FAX:089-934-2632
E-mail:sekatufukusi@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.