松山市子育て応援金

更新日:2023年1月4日

コロナ禍において物価高騰等に直面する子育て世帯への生活支援のため、18歳までの児童を養育する子育て世帯に対し、松山市独自で応援金を給付します。

給付額

一世帯当たり1万円、児童2人目以降1人5千円加算
(施設等入所児童は1人5千円)

給付対象

対象児童

平成16年4月2日から令和5年3月31日までに生まれた児童
※ただし、給付決定日までに婚姻した場合は対象外

対象者

次のいずれかに該当する方
・令和4年11月1日から給付決定日まで継続して松山市に住民票があり、給付決定日時点で対象児童を養育する主たる生計維持者または配偶者
・養育者のいない平成16年4月2日から平成19年4月1日までに生まれた児童
※施設等入所児童分は施設に給付します。
※令和4年11月1日以降、給付日までに離婚等により、給付金を受給した前配偶者から給付金を受領していない場合は、申請により給付できる場合があります。

申請方法

(1)松山市が支給する児童手当または児童扶養手当受給者は、申請不要です。手当口座へ振り込みます。
(2)上記(1)以外の方は申請が必要です。
 (申請が必要な方:高校生のみを養育する世帯、公務員の世帯、市外在住の児童を養育する世帯、養育者のいない児童など)
 ※申請書は令和5年1月上旬、児童あてに発送予定です。給付対象の方で、1月16日を過ぎても申請書が届かない場合は、下記問合せ先(コールセンター)あてにお問い合わせください。
 ※市外に住民登録している児童あてには、申請書が送付されません。対象児童を養育する方は、下記問合せ先(コールセンター)あてにお問い合わせください。

申請期限

令和5年2月28日(火曜日)必着
※令和4年11月1日以降に出生した新生児分は、令和5年4月28日(金曜日)必着

給付日

(1)申請不要の方は、令和5年1月27日に給付予定です。
  ※令和4年11月1日以降に生まれた新生児は、児童手当の認定審査後、令和5年2月から随時給付します。
(2)申請が必要な方は、令和5年1月から受付開始し、審査後、令和5年2月7日から順次給付します。

振り込め詐欺や個人情報の搾取にご注意ください

応援金の給付にあたり、子育て支援課の職員や審査委託先(松山市子育て応援金給付サポートセンター受託者:伊予鉄総合企画株式会社)の職員から連絡を行う場合がありますが、ATMの操作等を指示することはありません。
ご自宅や職場などに不審な電話や郵便があった場合は、市民生活課消費生活センター(089-948-6381)や最寄りの警察署(または警察相談専用電話#9110)にご連絡ください。

お問い合わせ

子育て支援課 子育て応援金担当
〒790-8571
松山市二番町4丁目7-2
【松山市子育て応援金給付コールセンター】
(運営:松山市役所受託事業者 伊予鉄総合企画株式会社)
電話:089-961-1688
(受付時間:平日9:00~17:00 ※土日・祝日と12月29日~1月3日までを除く。)
E-mail:kosodate@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

児童福祉

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで