このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

消火器に関する規制の改正

更新日:2012年3月1日

1.旧規格消火器の設置制限

平成23年1月1日から、消火器の規格が変更となったため、事業所に設置されている旧規格の消火器は、平成33年12月31日までに新 規格のものに取替えなければなりません。(消防法令により設置を義務付けられた消火器に限る。) 

※ 消火器は原則、現行規格に適合していなければ販売することも、設置することも出来ませんが、すでに設置されている旧規格の消火器については、猶予期間として平成33年12月31日まで使用が認められています。また、消火器の規格の変更内容としては、消火器本体に表示しなければならない事項が追加されたもので、主な追加項目については以下のとおりとなります。

(1)住宅用消火器でない旨

(2)標準的な使用条件の下での使用期限

(3)廃棄時の連絡先などに関する事項

(4)消火器が適応する火災種類のイラスト

⇒ 詳しくは下記の「消火器の規格及び点検項目の改正について」をご覧ください。

2.消火器の耐圧性能点検の実施

平成23年4月1日から、事業所に設置されている消火器のうち製造後10年を経過したものは、従来の定期点検の実施に加え、消火器の耐圧性能を判定するための点検(=耐圧性能点検)が必要となりました。(消防法令により設置を義務付けられた消火器に限る。) 

※ 製造後10年を経過した消火器を設置している場合は、耐圧性能点検の実施が必要となります。また、耐圧性能点検を実施した消火器は、以後3年毎にこの点検を実施することとなります。ただし、製造年より10年以内の消火器であっても腐食等が認められるものについては、上記と同様の対応が必要となります。なお、設置している消火器を製造から10年を経過する前に取替えれば耐圧性能点検の実施には及びません。                               

⇒ 詳しくは下記の「消火器の規格及び点検項目の改正について」をご覧ください。

3.消火器の規制等に関するお問合せ先

  松山市中央消防署  TEL:089−926−9224

  松山市東消防署    TEL:089−933−0876

  松山市南消防署    TEL:089−957−8615

  松山市西消防署    TEL:089−951−0894

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

予防課
〒790-0811 愛媛県松山市本町六丁目6-1
電話:089-926-9216
E-mail:sbyobou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.