このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 安全・安心 の中の 消防 の中の お知らせ の中の 南消防署の消防車両が更新されました のページです。

本文ここから

南消防署の消防車両が更新されました

更新日:2017年3月18日

 平成28年度中に南消防署・久谷救急出張所に導入された新しい消防車両を紹介します。

高規格救急車(久谷救急出張所)

 平成20年2月から久谷救急出張所で活躍していた救急車は車両更新のため平成28年10月をもって引退することとなりました。
 新しく導入された救急車は高規格救急車となり、救急救命士による高度な処置が行える資機材を積載することで、より迅速な救命活動に対応できるようになりました。

車両の概要

全長:565センチ
全幅:189センチ
高さ:247センチ
乗車定員:7名
登録年月日:平成28年10月7日

高規格救急車(写真)
高規格救急車

車内の状況(写真)
車内の状況

先端屈折式はしご付き消防自動車(南消防署)

 平成5年4月から南消防署で活躍していた35m級はしご付き消防自動車は車両更新のため平成29年3月をもって引退することとなりました。
 新しく導入された新型はしご車は、松山市消防局では初めての先端屈折式はしご付き消防自動車となります。新型車の特性として、はしごの屈折機能を活かし障害物を避けて建物に近づくことができ、また、はしご先端に取り付けてあるバスケット部と梯体部分を昇降するリフター部の同時使用が可能となり、より活動範囲の広まった人命救助、消火活動を行うことができるようになりました。

車両の概要

全長:1059センチメートル
全幅:250センチメートル
高さ:360センチメートル
乗車定員:6名
梯子全伸梯高さ:31.1メートル
最大作業半径(水平活動範囲):19.0メートル
バスケット部最大搭乗人員:4名(4000N)
登録年月日:平成29年3月3日

はしご車操作準備(写真)
はしご車操作準備

操作部の状況(写真)
操作部の状況


バスケット部先端から放水が可能


はしご先端が屈折します


屈折することでより安全な救助活動が可能となります


バスケット部とリフター部の同時操作が可能です

お問い合わせ

南消防署
〒791-1104 愛媛県松山市北土居三丁目3-26
電話:089-957-8615
E-mail:sbminami@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.