このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 安全・安心 の中の 消防 の中の お知らせ の中の 第38回全国消防職員意見発表会 優秀賞受賞 のページです。

本文ここから

第38回全国消防職員意見発表会 優秀賞受賞

更新日:2015年8月12日

 平成27年5月23日(土曜日)に浜松市で開催されました第38回全国消防職員意見発表会に、西消防署の救急隊 宮浦 織 消防士が四国支部の代表として出場し、松山市消防局で初めて優秀賞を受賞しました。


発表の様子


表彰状授与

発表テーマ「命の印」

 救急現場で心肺停止状態の子供の胸を押していたお母さんの涙を見て、同じような涙を繰り返したくないと思い、救命講習や防災訓練等を知るきっかけになる「命のスタンプラリー」を提案しました。

愛媛新聞にも掲載されました

2015年06月09日付8ページ「ママ消防士乳児救命提案」 
G20160701-02141

動画もご覧いただけます

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。全国消防長会のホームページはこちら(外部サイト)

意見発表実績

松山市消防職員意見発表会(平成26年10月松山市開催)最優秀賞
愛媛県消防職員意見発表会(平成26年11月新居浜市開催)最優秀賞
四国支部消防職員意見発表会(平成27年4月高松市開催)最優秀賞

宮浦消防士の想い

 心肺停止状態の子どもの胸を、泣きながら押していたお母さんを見て、同じような涙を繰り返したくないと思い、意見発表会に出場しました。救命講習や防災訓練等を知るきっかけを作れれば…と思います。
 私が一番伝えたかったことは、「大切なことは、知ることだ」ということです。子どもは何にも代えがたい宝であり、この子を守りたい、立派に育てたいと誰もが思うものです。子どもを育てるということは、命の大切さを教えるということです。救うことも、伝えることも、まずは知らなければなりません。知ることは命に繋がり、子どもにとって身近な存在である親が努力している姿は、子どもにとって命の大切さを学ぶ最高のお手本になると、私は考えます。
 発表会に出場して、伝えることの難しさを感じるとともに、本当にたくさんの方に支えられ業務を遂行していることを再認識しました。これからも、感謝の気持ちを忘れず、言葉ひとつひとつを大切にしながら、職務に励みたいと思います。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

西消防署
〒791-8061 愛媛県松山市三津三丁目4番23号
電話:089-951-0894
E-mail:sbnisi@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.