このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

年末年始の火災予防について

更新日:2020年12月24日

明るい新年を迎えるために

 年末年始は、一家団らんでご家庭で過ごされる方も多いと思います。この時季は、ストーブなどの暖房器具を使用する機会も増え、繁忙と気の緩みから、火災が発生する危険性が高まることが考えられます。
明るい新年を迎えるためにも、火災予防に着目した大掃除と適切な暖房器具の使用を心掛けましょう。

1 大掃除でのチェックポイント


プラグ周りの埃に着火

(1)電気コンセント
  ・コンセント周りの埃を取り除きましょう。
  ・コードの踏みつけなどがないか確認しましょう。
  ・コードを束ねて使用していないか確認しましょう。
  ・たこ足配線をしていないか確認しましょう。


グリル内の油に着火

(2)台所周辺
  ・こんろ周りに燃えやすいものを置かないようにしましょう。
  ・グリル内の油汚れを取り除きましょう。
  ・電子レンジ内の油汚れを取り除きましょう。


放置されたごみへの放火

(3)自宅周辺
  ・燃えやすいものを置かないようにしましょう。
  ・車やバイクのカバーは、防炎品を使用しましょう。


住宅用火災警報器の点検

(4)住宅用火災警報器
  ・感知センサー部分の埃を乾いた布で取り除きましょう。
  ・電池切れや故障がないか紐を引くなどして点検しましょう。
   (ボタンを押して点検できるタイプもあります)
  ・電池切れや故障しているものは、本体ごと交換しましょう。
   (住宅用火災警報器の交換時期は、設置してから10年が目安です。)

2 ストーブの適切な使用について


ストーブからの火災に注意

 ・ストーブの周りに燃えやすいものを置かないようにしましょう。
  (ヘアスプレーなどの可燃性ガスが注入されているものも置かないようにしましょう。)
 ・石油ストーブの給油をする時は、ストーブの火を消し、火元から離れた所で行いましょう。
 ・外出時は、必ず火を消し、又は電源を切っていることを確認しましょう。
 ・不良品や異常を感じるものは、使用しないようにしましょう。
 ・取扱説明書を読んで、正しい方法で使用しましょう。

関連リンク先

家庭でできる住宅防火対策

お問い合わせ

予防課
〒790-0811 愛媛県松山市本町六丁目6-1
電話:089-926-9247
E-mail:sbyobou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

火災予防

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.