このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 安全・安心 の中の 消防 の中の 火災予防 の中の 平成28年度危険物安全週間が始まります のページです。

本文ここから

平成28年度危険物安全週間が始まります

更新日:2016年6月1日

平成28年度危険物安全週間推進標語

「危険物 決めろ無事故の ストライク」

平成28年度 危険物安全週間推進ポスター

期間

平成28年6月5日(日曜日)〜6月11日(土曜日)

危険物安全週間とは

 危険物安全週間は、平成2年消防庁により制定され、以来毎年6月の第2週(日曜日から土曜日までの1週間)に各種事業が実施されています。
 ガソリンや灯油、塗料などをはじめとする危険物は、事業所などで幅広く利用されるとともに、私たちの生活になくてはならないものとなっており、その保安に対する重要性はますます増大しています。
 このため、事業所などでの自主保安体制の確立を積極的に進めるとともに、広く国民の危険物に対する意識を高め、危険物に係る事故や災害を防止することを目的としています。

危険物とは

 消防法で定められているもので、一般的に次のような危険性を持った物品をいいます。

  • 火災が発生する危険性が大きい
  • 火災が発生したとき、拡大する危険性が大きい
  • 火災が発生したとき、消火が困難

身近な危険物

 ガソリンや灯油、軽油のほか、油性塗料、殺虫剤、ヘアスプレーなどがあります。
 身の回りで使っているものに、危険物である旨の表示がありませんか?
 (例)火気厳禁  第1石油類 危険等級2
 このような表示があるものは、ストーブなどの火気の近くで使用したり、その近くに放置することは絶対にやめましょう。また、直射日光が当たらない場所に保管しましょう。
 自動車燃料のガソリンや暖房燃料用の灯油など、取り扱いを誤ると容易に火が着いたり、爆発する性質を持っていますので、その危険性を認識し、取り扱いには十分気をつけましょう。

貯蔵又は取り扱いの注意事項

  1. 火気の周囲では、危険物の取り扱いは絶対にやめましょう。
  2. ガソリンスタンドなどでガソリンや灯油を購入するときは、決められた運搬容器に入れましょう。
  3. 危険物を貯蔵するときは、子供や外部の者が容易に触れないように管理しましょう。
  4. 指定数量以上(例:ガソリン 200リットル以上、灯油 1,000リットル以上)の危険物を貯蔵又は取り扱う場合には、許可が必要です。
  5. 指定数量の5分の1以上で指定数量未満の危険物を貯蔵又は取り扱う場合には、届出が必要です。

危険物安全週間中の行事

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

予防課
〒790-0811 愛媛県松山市本町六丁目6-1
電話:089-926-9217
E-mail:sbyobou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.