令和2年度 119番口頭指導技術発表会を開催しました

更新日:2021年2月4日

実施内容

概要

 「口頭指導」は119番通報を受けた通信指令員が、必要な救命処置などを電話越しに口頭で伝える技術で、救命に直結する重要な役割を担っています。
 口頭指導技術を高めるため、愛媛県下の消防本部が合同で口頭指導技術発表会を開催しました。それぞれの消防本部の通信指令員が、救急蘇生ガイドライン2015や消防庁の口頭指導実施基準に基づいた技術を披露し、非常に有意義な発表会となりました。

実施日時

令和2年11月5日(木曜日)午前10時00分から11時30分まで

場所

松山市保健所・消防合同庁舎 5階 救命講習室(松山市萱町六丁目30-5)

発表者と事案想定

1 西条市消防本部 
   消防士長 佐伯 大地 (さいき だいち)
  事案想定:気道異物から心肺停止状態への移行(成人)
2 伊予消防等事務組合消防本部
   消防副士長 仲田 翔 (なかた しょう)、消防副士長 河野 佑貴 (こうの ゆうき)
  事案想定:止血付帯の外傷からの心肺停止状態への移行(成人)
3 松山市消防局
   消防副士長 福住 徹 (ふくずみ とおる)、消防士長 藤原 淳 (ふじわら じゅん)
  事案想定:心臓疾患既往者の気分不良から心肺停止状態への移行(成人)
4 西予市消防本部
   消防士長 梅原 正貴 (うめはら まさき)
  事案想定:子供の溺水による心肺停止
 

参加機関

中予地域メディカルコントロール協議会、愛媛県消防学校、県下消防本部 

お問い合わせ

通信指令課

〒790-0811 愛媛県松山市本町六丁目6-1

電話:089-926-9202

E-mail:sbtuusin@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで