このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

松山市災害義援金の第1次配分について

更新日:2018年9月22日

 松山市平成30年7月豪雨災害の義援金品配布委員会で、平成30年7月豪雨で被災された方々へ寄せられた義援金(※)の第1次配分基準額を決定しました。平成30年10月2日(火曜日)以降順次配分します。

※松山市義援金は、松山市でお預かりした義援金です。

松山市義援金第1次配分の対象者及び配分基準

松山市義援金第1次配分の対象者及び配分基準
区分 人的被害 住家被害 合計
対象者 6人 86世帯 92件
配分額 168万円

606万円

774万円

 松山市に寄せられました義援金を次のとおり配分します。

  • 人的被害は「死亡者及び行方不明者」「重傷者」、住家被害は「全壊」「半壊」「一部破損」「床上浸水」で、り災証明書の「り災程度」により配分します。

対象者

  1. 義援金申請書を提出している人
  2. 災害により死亡した当時に松山市の区域内に住所を有していた「り災者」の遺族
  3. 災害を受けた当時に松山市の区域内に住所を有していた「り災者」がいた世帯の世帯主

配分基準

松山市義援金の第1次配分基準
区分

松山市
第1次配分

死亡者及び行方不明者 400,000円
重傷者 40,000円
全壊

180,000円

半壊

90,000円

一部破損

20,000円

床上浸水

40,000円

死亡者及び行方不明者並びに重傷者は1人当たりの額、その他の区分は1世帯当たりの額

(参考)愛媛県義援金の第2次配分基準

 6人(人的被害)及び86世帯(住家被害)へ松山市義援金の第1次配分額に、愛媛県義援金(第2次配分額)を上乗せして順次支払します。
 なお、愛媛県義援金のうち、第1次配分額を支払済の方へは、松山市義援金の第1次配分額に、愛媛県義援金の第1次配分と第2次配分との差額を上乗せして順次支払します。

※愛媛県義援金は、日本赤十字社愛媛県支部、愛媛県共同募金会及び愛媛県でお預かりした義援金です。

愛媛県義援金の第2次配分基準
区分

第2次配分
(第1次配分
含む)

(参考)
第1次配分

第1次と
第2次との
差額

死亡者及び
行方不明者

3,000,000円

500,000円

2,500,000円

重傷者

300,000円

100,000円

200,000円

全壊

1,400,000円

300,000円

1,100,000円

半壊

700,000円

200,000円

500,000円

一部破損

150,000円

50,000円

100,000円

床上浸水

300,000円

100,000円

200,000円

 死亡者及び行方不明者並びに重傷者は1人当たりの額、その他の区分は1世帯当たりの額

お問い合わせ

松山市保健福祉部 生活福祉総務課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2 別館4階
電話:089-948-6397
FAX:089-934-2632
E-mail:sekatufukusi@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成30年7月豪雨災害関連情報

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.