このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 安全・安心 の中の 防災・危機管理 の中の 平成30年7月豪雨災害関連情報 の中の 平成30年7月豪雨で被災した後期高齢者医療保険加入者の一部負担金を減免します のページです。

本文ここから

平成30年7月豪雨で被災した後期高齢者医療保険加入者の一部負担金を減免します

更新日:2018年10月31日

内容

目的

  • 平成30年7月豪雨により災害救助法の適用市町にお住まいの方は、国の特別対策で、病院等窓口での一部負担金が免除されます。
  • 災害救助法適用外の松山市においても、同様の被害を受けられた方がおられますので、これと同等の免除をします。


<関連リンク>

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(愛媛県)【お知らせ】災害救助法の適用について

実施期間

【延長前】平成30年7月5日(木曜日)(災害救助法適用日)〜平成30年10月31日(水曜日)
                            ↓
【延長後】平成30年7月5日(木曜日)(災害救助法適用日)〜平成31年2月28日(木曜日)

対象者

  1. 住家の全半壊、全半焼、床上浸水またはこれに準ずる被災をされた方
  2. 主たる生計維持者が死亡、または重篤な傷病を負われた方
  3. 主たる生計維持者が行方不明である方
  4. 主たる生計維持者が業務を廃止、または休止された方
  5. 主たる生計維持者が失業し、現在収入がない方

申請方法

  • 一部負担金の免除を受けようとする場合は、原則あらかじめ申請する必要があります。詳細は高齢福祉課までお問い合せください。

一部負担金の減免内容

  • 医療機関等の窓口で、保険証に添えて「一部負担金免除証明書」を提出することで、窓口負担が不要になります。
    ※すでに一部負担金や利用料をお支払いの場合は後日還付します
    ※入院時の食費や居住費などは支払いが必要です

関連リンク

(7月報道資料)平成30年7月豪雨で被災した被保険者の医療・介護の一部負担金や利用料を減免します

(10月報道資料)平成30年7月豪雨で被災した被保険者の医療・介護の一部負担金や利用料の免除期間を延長します

お問い合わせ

高齢福祉課 後期高齢者医療保険担当
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 別館2階
電話:089-948-6862・6941・6370  FAX:089-934-1763
E-mail:kourei@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成30年7月豪雨災害関連情報

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.