このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

松山市史

更新日:2018年9月11日

「松山市史(全5巻)」のご案内


松山市史(全5巻)

松山市史(全5巻)
松山市史
第一巻
自然・原始・古代・中世 仕様 A5判・992頁 発行 平成4年
価格 2,800円 編集 松山市史編集委員会
 松山市の自然・考古(原始)・歴史(古代・中世)を総括。自然編では、環境、動・植物について、考古・歴史の分野では、原始にはじまり、豊臣秀吉の四国征伐による河野氏政権の崩壊までを叙述。
 付図・・・松山市地質図
松山市史
第二巻
近世 仕様 A5判・676頁 発行 平成5年
価格 2,500円 編集 松山市史編集委員会
 河野氏政権の崩壊後の小早川隆景の伊予国領有にはじまり、加藤・蒲生を経て、松平氏による政権及び明治維新後の廃藩置県までを叙述。
 付図・・・松山藩領地図(文久期)、 松山城図(化政期)
松山市史
第三巻
近代 仕様 A5判・896頁 発行 平成7年
価格 3,100円 編集 松山市史編集委員会
 明治維新後の廃藩置県にはじまり、市政施行を経て、昭和20年8月の太平洋戦争終結までの行財政、産業経済、市民生活、文化について叙述。
松山市史
第四巻
現代 仕様 A5判・748頁 発行 平成7年
価格 2,300円 編集 松山市史編集委員会
 戦後の混乱期にはじまり、復興とわが国の高度成長期における国際観光温泉文化都市としての発展を経て、市政100周年期までを叙述。
松山市史
第五巻
年表・文化財 仕様 A5判・856頁 発行 平成7年
価格 3,300円 編集 松山市史編集委員会
 年表は、松山地域及び関連事項と国内主要事項に分け、明治元年以降は文化欄を、昭和30年以降は経済欄を設けて平成3年末までを収録。文化財は、国・県・市により指定された文化財を平成6年12月現在で収録。

※お届けする地域や数量により送料が異なります。お問合せください。
※刊行から20年以上が過ぎているため、状態が悪化しております。
悪しからずご了承ください。

購入方法はこちらをご覧ください。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.